初心者でも勝てる3倍株必勝法とは? 〜1勝4敗でも1つの3倍株で勝つ投資法があった!〜

写真拡大

株は相撲と違い8勝7敗と勝ち越したとしても、トータルでみて利益が出ていなければ負け。逆に大きく負け越しても儲かっていればそれで十分だ。1勝4敗でも儲かる3倍株投資の必勝法を伝授しよう。

小さな利益確定だけの繰り返しでは勝てない!

 日本人の個人投資家には、株式投資において1銘柄も損をしないですべての銘柄で利益をあげたいという株で全勝への志向が強いようだ。

 このような株で全勝したいという考えに基づいた投資の仕方が下図で、確実に勝ちを積み上げるために、最大でも10%程度のちょっとした上昇で利益を確定していくというのが特徴だ。その一方で、株価が下落して含み損が出てしまった銘柄に関しては、負けを認めたくないため、「今後の上昇に期待」といった理由をつけて塩漬け状態にしてしまいがちだ。

 こうした投資は、勝敗だけ見ると4勝1敗と大きく勝ち越しているように思えるが、実際はそうならないことも多い。というのも、どんなにシビアに銘柄選びをしたとしても、自分の予想に反して大きく下落する銘柄が出てしまうからだ。株の経験者なら、誰でも一度や二度はこうした体験をしているはずだ。

 さらに、この投資法を続けていくとどんどん状況は悪くなる。利益確定をした44万円を別の銘柄に分散投資をしたとしても、同じことを繰り返していけば、徐々に塩漬け株が増えていく可能性が大きいからだ。

 こうした塩漬け株拡大という負のスパイラルに陥らないために、オススメしたいのが、これまで説明してきた利益確定を決めておくのとはまったく逆の投資法なのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)