警視庁が募集している『振り込め詐欺』の新名称投稿が噂ほど大喜利になっていない件について

写真拡大

振り込め詐欺警視庁が3月21日から、『振り込め詐欺』の新名称募集をTwitterなどを通じて開始した。

この件について、ネットユーザーからは「大喜利になるのでは?」という心配の意見が早々から多くみられ、そうした見出しをつけたニュースもいくつか報道された。

【関連:Twitterの『#彼氏いません』タグが赤面妄想すぎて話題】
 
発表から1日。実際のところどういったものが応募されているのか?応募専用ハッシュタグ「#振り込め詐欺新名称」に現在までに応募のあった投稿作品をできる限りチェックしてみたところ、心配されていたよりもそれほど大喜利化されておらず、いたって真面目な投稿が目立った。

中にはないわけではないが、「AKB(あんた 金 ぶっこみなよ)詐欺」や「ヤマ詐欺春のパンまつり」、「振り米騒動」などがちらほらある程度で、全体でみると大喜利投稿は一部。

匿名性の高いTwitterといえど、今回の件についてはTwitterユーザーの良識が確認できる結果となっている。

なお、記者がチェックした中で多く目立った投稿は「劇団詐欺」「つけいり詐欺」「ドッキリ詐欺」など。

中でも感心したのは、「金電話(かねでんわ)」 。投稿者によると「お年寄りに”電話なんかじゃ金出んわ”と思ってもらう為の名称」とのこと。電話口でのお年寄りの対応も考えられた良い案だと感じた。

なお、『振り込め詐欺』の新名称応募は、Twitterの場合にはハッシュタグ「#振り込め詐欺新名称」をつけて、名称と名称趣旨つぶやくことで受け付けている。

Twitter以外には郵送でも受け付けており、郵送の場合には、ハガキに新名称・名称趣旨、投稿者の住所・氏名・郵便番号・電話番号、公表の際の氏名公表の有無・ペンネームを記載して応募して欲しいとのこと。

応募締切はそれぞれ4月10日のTwitterの場合には送信、郵送の場合には消印が有効となっている。なお、優秀作品の作者には記念品が贈られる。

最近では何かと批判されがちな警察組織。こうした新たな取り組みには賛否両論あるが、時として重大報道に埋もれがちでありながら、身近でおこりうるこうした犯罪を、今一度皆で見直すきっかけとしては良い試みではないかと思う。

振り込め詐欺