コンビニでお菓子を買うときや、レストランで食事をするとき、海外旅行に出かけたとき、あなたは支払いは現金、それともクレジットカード?

 日本でカードの普及は進んでいるが、支払いにはあまり使われていない。民間最終消費支出のうち、カード払いは約14%。海外を見ると米国が約35%、韓国は約50%、中国は40%超だ。

「借金をするようで嫌だ」「不正利用が怖い」が、主な原因とみられ、カードを持っていながら活用できていない。そんな人たちに、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんはこうアドバイスする。

「もったいない。どれだけ家計の助けになるか。使いすぎが心配な人はクレジットカードのサイトで明細を見て利用状況をチェックすればいい。家計簿を自分でつけるより正確ですし、月ごとの利用上限額を決めておけばいいんです」

 カード会社のVisaが1月、男女3千人を対象にカードや電子決済の利用と貯蓄の関係を調べたところ、少額でも積極的に使っている人の世帯収入に対する平均貯蓄率は19%と、現金派の13%を上回っている。

 正確な利用履歴をチェックできるので無駄遣いを防げるうえに、ATMに行く必要がないので手数料と時間の無駄も省けるという。ちなみに、ATMで現金を下ろす際にかかる105円の手数料は50万円を1年間銀行に預けた場合の利息に相当する額だ。

 人の価値観やライフスタイルは年がたつと変化するもの。そこで、山口さんが勧めるのが、クレジットカードの2年に1回の見直しだ。

 まずはポイント還元率をチェックしたい。還元率とはカード利用額のうち利用者に還元される率のことだ。例えば100万円のカード利用で5千円の金券がもらえるなら0.5%、1万円がもらえるなら1%となる。うまくカードを利用すれば、ポイントを貯めてプレゼントやキャッシュバック、無料航空券などがもらえる。通常は大体、0.5%ほどだが、高いものは2%になる。

 高い還元率では、例えば、ジャックスのリーダーズカードやYahoo!JAPAN JCBカードなどがある。

 リーダーズカードは還元率1.5%。Amazonで利用すると1.8%になる。年会費2625円は前年度に50万円以上の利用があれば無料だ。本などをネットショップで購入する機会が多い人に適しているといえる。

 ネットでポイントが貯まる特典が多いのが、Yahoo!JAPAN JCBカードだ。どこで使っても100円で1ポイント。1ポイントは1円として使える。さらに、Yahoo!ショッピングだとポイント還元率は2%、スマートフォンを使うとポイントは3%にもなる。毎月5のつく日には様々なキャンペーンが実施される。貯めたポイントはJALマイルや電子マネー、現金などにも交換可能だ。

AERA 2013年3月25日号