北極紳士「ハリー&タイラー」国内初ゲリラショーが話題

写真拡大

 ジャパンメンズブランド「HARRY & TYLER(ハリー&タイラー)」が、ベルサール渋谷ガーデンで日本初のゲリラショーを開催した。もこもこの白いセットアップスーツ姿にゴマアザラシのぬいぐるみバッグを抱いて会場の様々な場所に出現。「roomsLINK TOKYO 2013 March」に訪れた人たちの注目を集めた。

もこもこ北極紳士ハリー&タイラーの画像を拡大

 「HARRY & TYLER」の2013-14年秋冬シーズンのテーマは「POLAR GENTLEMEN(北極紳士)」。白をキーワードに、北極にいる紳士像を表現している。2人が着用している100%ウールのボアで作ったセットアップスーツや、袖や襟の裏地にボアを付けた白シャツ、ヴィンテージニットでつくられたネクタイなどが今季のキーアイテム。2人は、「今までの紳士像とは違った新しい紳士のスタイルを提案したいと思った。どのくらいもこもこしたらいいのか、という点にかなりこだわってつくった」と話す。この他、今季はシルバーのダウンベストなど、ファーストコレクションの2倍の10型を製作している。

 デザイナーHarry Gucci(ハリー・グッチ)とTyler Takeaki(タイラー・タケアキ)の素顔は、webサイトの編集兼商品企画担当と「Desertic(デザーティック)」のデザイナー。「元々お互い服が好き。自分たちが好きなものを作り、似たような趣味をもっている人が買ってくれたら嬉しい」という思いから、ヴィンテージ・ニットをパッチワークしたカラフルなセットアップスーツを製作。思いがけず派手に仕上がったスーツを素で着るのではなく、「国籍不明の仕立屋のハリーとタイラーというキャラクターに扮して着てみよう」と、マッシュルームヘアに付け髭の変装を考案。2012年9月にファッションウィーク中のニューヨークの街に出かけたことが本格的なブランド立ち上げのきっかけになったという。ユニークな発表形式を今回日本でも実施した2人は、「自分たちもやっていて面白い。今後も続けていければ」とコメントしている。

■「ハリーとタイラーを探せ」神出鬼没のハプニングショー渋谷で開催
http://www.fashionsnap.com/news/2013-03-13/harry-tyler-2013aw/