山梨県中央市の「青春のトマト焼きそば」は甘酸っぱい青春の味!?

写真拡大

「青春のトマト焼きそば」というステキなネーミングのご当地グルメが注目を集めている。

これは、山梨県中央市の完熟トマトとブランド豚を使った一品。

なぜ「青春の〜」という甘酸っぱい名前がつけられたのか。

一体どんな味が楽しめるのか。

人気と知名度急上昇中のご当地グルメ「青春のトマト焼きそば」に迫ってみた。

その焼きそばの始まりは今から40年ほど前。

当時、山梨県内の洋菓子店の喫茶コーナーなどでは「ミート焼きそば」というメニューが提供されていた。

これは、普通のソース焼きそばにミートソースをかけたもの。

「焼きそば+ミートソース」という組み合わせに違和感を覚える人もいるかもしれないが、地元ではおなじみのメニューとして親しまれていたという。

しかし、その後「ミート焼きそば」は時代の流れとともに姿を消してしまった。

その焼きそばの復活と深い関わりがあるのが、前述した「中央市」である。

2006年に周辺の町や村が合併して発足したこちらの市は、山梨県のほぼ中央に位置することから、こう名付けられるに至った。

緑に囲まれた自然豊かな中央市の特産品はトマトだ。

農家の皆さんが愛情を注(そそ)いで作るトマトは抜群のおいしさ。

そんな絶品トマトを市内外に広くアピールするべく、中央市商工会青年部が思案。

「地元のおいしいトマトを使って、かつて人気を集めた山梨独特のメニューを再現しよう!」と、誕生したのが「青春のトマト焼きそば」なのだ。

再現に当たっての条件は2つだけ。

まず、中央市産の完熟トマトを使うこと。

そして同じく中央市産のブランド豚 フジサクラポークを使うこと。

こうして復活した焼きそばは、昨年から市内の飲食店で提供され始めて話題を集め、今ではレストランや食堂から中華料理店、日本料理店など19の店舗で提供されている。

2つの条件さえ満たせばアレンジOKなので、お店の個性が表れた味が楽しめ、各店をめぐる市民も多いという。

例えば、「日本料理 三ツ橋」では、トマトソースに甘えびから取ったダシを使用。

トマトの酸味を抑えたコクのある味が楽しめる。

中華料理レストラン「四川菜館(サイカン)」では、焼きそばに牡蠣(かき)ソースを使い、中華店らしい味に仕上げている。

味はかなり本格的だ。

お店にもよるが、ソースは2〜3日しっかり煮込んでいるため、コクのある奥深い味が楽しめる。

「焼きそばとの相性はどうなんだろう」と思う人もいるかもしれないが、焼きそばは薄味に仕上げてあるので、意外なほど相性ピッタリだ。

この懐かしの味の再現に、まず反応したのは40〜50代の大人たち。

子供のころに食べたあの味がよみがえったということで、「思い出の味が楽しめる」と好評だ。

「青春のトマト焼きそば」のネーミングの由来は、まさにこの部分。

大人にとっては青春時代を象徴する味ということで、こんな甘酸っぱい名前が付けられたのだ。

一方、今の子供たちにとっては食べたことのない新しい味だが、「大好物のミートソースと焼きそばが一緒に楽しめる」と評判は上々だという。

今、青春時代を過ごす彼らは10年20年経った時、「青春のトマト焼きそば」を青春の味として思い出すのかもしれない。

現在、県内のイベントに出張して焼きそばをふるまうなど、市民を中心に「青春のトマト焼きそば」のおいしさを伝える動きが広がっているという。

中央市の皆さんの思い出と素材と情熱が詰まった「青春のトマト焼きそば」、気になる人は是非味わってみていただきたい。