足をひっぱる女友達 -「合コンで暴露」「好きな人寝取る」「話に割り込む」

写真拡大

恋の悩みがあるとき、相談に乗ってくれる女友達の存在はありがたく心強いもの。

でも、もしその友達が、実はあなたの彼を略奪しようと考えていたら……。

今回はマイナビニュース会員のうち独身女性300名に、恋愛で女友達に足をひっぱられた経験があるか聞いてみた。

Q.恋愛で女友達に足をひっぱられた経験はありますか?はい 14.0%いいえ 86.0%Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんな経験ですか? どうして足をひっぱられたと感じましたか?■好きな人を奪われた!・「恋愛相談をしていた友達と好きな人が気付いたら付き合っていた」(26歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)・「私が片思いをしていることを知っていて、その相手を奪おうとする友人がいた」(22歳女性/学生/その他)・「合コンで寝技を使われ、気に入っていた人をとられた」(28歳女性/食品・飲料/営業職)・「ずっと相談していた女友達に好きな人を取られた……みんなでうちに遊びに来てくれる予定だったのに、当日誰に連絡しても来られないと言われ、好きな人からも連絡がなかったので聞いてみたら、その友人が今日は中止になったとうそをついていた」(24歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)■好きな人の前で私のことを…・「あたしのことを好きだと言ってる男の人に、あたしの悪口をめっちゃ言ってた」(29歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)・「私の好きな人に友達が言い寄って、私の話をあることないことしていた」(24歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)・「好きな人の前で、私の恥ずかしい一面をべらべらしゃべられたこと」(23歳女性/商社・卸/営業職)■うわさを流された・「陰で私の過去の恋愛遍歴を話された」(36歳女性/自動車関連/技術職)・「前に付き合った人の話など事細かに話されたり、やたら自分の情報を流されたりした」(28歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)・「ないうわさを流されてしまったことです……少し残念でしたが、それを信じる人はそれまでの人間なので、堂々としてればいいと思いました」(29歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)■飲み会の席で・「合コンで、普段はこんな人じゃないとか散々言われた」(31歳女性/医療・福祉/専門職)・「飲み会で『一番お酒が飲めるのはこの子』と指をさされたり、持ち歌をカラオケで入れて奪われたり、にらまれたりして怖かったです」(28歳女性/情報・IT/営業職)・「飲み会の場で盛り上げようとしたのか、あたしの恥ずかしい話を暴露し始めたこと……気になる人もいたので正直やめてほしかった」(23歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)■同じ人を好きになってしまった・「一緒に合コンに行った友達と同じ人を好きになってしまった」(32歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「友達が好きといっていたので身を引いた」(24歳女性/電機/事務系専門職)・「好きな人が友達を好きになってしまったということが同じ子で2回あり、どんだけ引き立て役やねん自分と思った」(33歳女性/警備・メンテナンス/事務系専門職)■好きな人の悪口を言う友達・「相手の悪口を言われたけど、信じさせて、別れさせようとしていたみたい」(38歳女性/自動車関連/技術職)・「『彼にはあなたはもったいないよ!』と、ダメな彼氏だと散々言われ続け、自分も『そうかも』と思い別れてしまったこと……結局2週間後に自分の気持ちに気付きヨリを戻し、それから1年たちますが、友人が言っていたほどダメな彼氏ではないと思います」(25歳女性/金融・証券/専門職)■余計なことを言わないで・「友達ではないけれど、会社の女性同期が内定式のときに男性同期と話している私に『この間女性だけで会ったときは、メイクもしないで眉もぼさぼさだったんだよ』と言いだしたけど、そんな事実はない」(33歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)・「友人Aの結婚披露宴で、同じテーブルだった友人Aの叔母夫婦に気に入られ、息子に会ってみないかという話になったとき、隣に座っていた友人Bに『あ、でも!このこ変人なんですよー趣味が〜』とか余計なことをべらべら話されイラッとしました」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)■その他・「好きな人と2人で話したいのに割り込んでくるとき」(26歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)・「デートの日に急な相談を持ちかけられたり電話をされたりした」(24歳女性/医療・福祉/専門職)・「私が好きな人に告白するつもりであると話したら、女子は告白されてなんぼであると持論をあつく語られ、告白するぞ!と意気込んでいたのに水をさされた気分だった」(23歳女性/医療・福祉/事務系専門職)■総評足をひっぱられた経験で一番多かったのは、「好きな人を友人に奪われた」というものだった。