西武スマイルパーク、Web利用で24時間手続きできる月極駐輪場をスタート

写真拡大

西武プロパティーズが運営管理する駐車場・駐輪場「西武スマイルパーク」は、日本コンピュータ・ダイナミクスが提供する月極駐輪場運営管理システム「ECOPOOL(エコプール)」を採用し、国内初のWEBを活用した運営管理システムによる月極駐輪場の運営を開始する。

エコプールはWebを活用した月極駐輪場運営管理サービス。

従来の極駐輪場の運営では新規・更新契約、現金収受のための「有人の契約管理コスト」が収益上の課題となっていたが、同システムの導入で「無人の契約管理」となることで、月極駐輪場事業の収益性向上が期待できるという。

WEBサイトを利用するため、契約・更新・解約・キャンセル待ち等がスマートフォンやパソコンなどから24時間行える。

更に支払いはクレジットカードまたはコンビニエンスストア決済により、現地での契約・現金収受が不要になる。

加えて、自動更新機能によって更新時の契約手続きが簡便になるなど、利用者にとっても利便性が向上する。

このシステムを利用することで、西武鉄道沿線をはじめとした同グループが保有する収益上事業化が困難であった小規模の低未利用地も、月極駐輪場として活用することができる。

まず、3月27日に開業する「西武スマイルパーク西武立川駅南口第3駐輪場(201台)」で運用を開始(3月21日受付開始)し、順次、低未利用地の事業化を推進していく。