大勢のゲストが横並びで出演するバラエティ番組。ここで注目を浴びやすいのは話術の能力が高い人とは限らない。それよりもいじられやすい人に司会者や共演者からトークのパスが頻繁に集まり、露出が増えた結果、売れていくケースが多いのである。そしてこの「いじり・いじられ」は、上司や取引先の懐に入るための参考になる。

「いじり・いじられ」とは、ちゃんとしたフレーズで笑いを取るツッコミ・ボケとニアリーイコールで、マイルドな人間関係の中で笑いを通して築くコミュニケーションと考えてほしい。なかにはいじられることに対して、「バカにされた」といいイメージを持たない人もいるが、本当に嫌われている者はいじられもしない。私からすれば「いじられる」は「愛される」に近い。

たとえばビジネスで90点の仕事をするAと、同じく90点の仕事をするBがいた場合、上司は普段コミュニケーションを取っているほうに仕事をふるだろう。しかしAが90点でBが75点でも、上司がBをよくいじって可愛がっていれば、「俺がプラス15点見てやろう」と考えるかもしれない。つまりいじられ上手な社員は仕事が回ってきて、アピールする機会が増えるのである。

上手にいじられるための、もっとも効果的な方法は自分のキャラを売ることだ。「トーク術」の項でキャラがあるとウケる話がつくりやすくなると説明したが、キャラが認知されるほど、太っている人なら「甘いものに目がないんですよね」、金遣いが荒い人なら「今月もお金ないんでしょ?」と周囲からコメントしてもらいやすくなる。他人が言及しやすいのであれば、長所に限らず、太っている、貧乏、ギャンブル好きなど、一般的にマイナス要素とされていることもキャラになる。

しかし、いじられることを許容していると、

×「そんなに太っていたら、早死にするんじゃないの?」「借金いくらあるんだよ」

と過激なことを言われたり、企画会議のような大事な場面で、「おまえの資料は読まなくていいか」と仕事に支障をきたしそうないじられ方をされることがある。ここだけはいじられたくないと思ったときは、話題を変えるか、「やめてください」とはっきり拒絶したほうがいい。笑いのプロではないのだから、傷ついてまでいじられてもしようがないのである。

自分の中で許せる範囲であれば、そこは責任を持って笑いに変えていこう。もしあなたが太っていて、暑い季節に「のどが渇いたから冷たいもの飲もうか」という話になり、上司がチームのメンバーに冷たいお茶を渡す中、1人だけホットコーヒーを渡されたとしよう。許容範囲なら、「いやいや、いま夏ですよ!」とでも否定しながら、汗をかいてコーヒーを飲むことで、「あいつは、いじりがいがある」の認識が定着していく。

「いじり=きついことを言うこと」と勘違いしている人も多い。自分がいじる側に立ったときは、「いじり」が「いじめ」にならないことに気をつけるべきだ。いじりの目的はコミュニケーションを円滑にすることであって、笑いが取れても相手が不快に感じたら元も子もないのである。

そのためには相手をよく観察し、ふれていいことといけないことを見極めておく必要がある。また相手に好意を持っていることを伝えるため、基本的に笑顔でいじると間違いが起きにくい。そこでビジネスシーンでは、“褒めいじり”を多用することをお勧めする。

たとえばダジャレを連発して、「どうだ、面白いだろ?」と満足そうにしている上司への対応だ。思い切って「ちょっとどうするんですか、この空気?」と切り込んで成功する場合もあるが、大方は下の立場から非難されたように感じて不愉快になるだろう。こうしたときは、まず自分が爆笑して、

○「いや、それレベル高すぎてついていけないですよ」

「ちょっと! 笑ってるの、僕らだけじゃないですか!」と言ってみる。2人だけしかわからない笑いの感覚を共有したことにして、相手を気持ちよくさせるのである。また軽く笑ってから、「ダジャレ博士ですねえ」「ダジャレ教授ですねえ」とコメントするのも有効だ。冷静に考えればよくわからない褒め方なのだが、相手に嫌な印象は与えないと思う。

褒めいじりは上司以外にも使える。たとえば決められた仕事はきちっとするが、自分のことを開示せず、いじられることを極端に嫌がる後輩。上の立場から「こいつ、何考えてるかわからないから!」といじれば、これまで以上に殻を閉ざすだけである。まず大事なのは、仕事をちゃんとやってること対して理解を示すこと。そのうえで彼のキャラクターを見て、真面目な性格であったり、頑張りたいという部分を拾ってあげる。しかし、

×「同期より早く出世したいんだろ!?」

ではリアルすぎて冗談に聞こえない。だから、

○「おまえ、仕事ばっかりして、会社を乗っ取ろうとしてるんじゃないの?」

ぐらいに誇張したほうがいい。

いじりは人のスキをえぐる行為であるため、地雷を踏むこともある。相手の一番気にしてるところをネタにして重い空気になってしまったら、笑いを重ねることは絶対にNGだ。1対1であれ、みんながいる場合であれ、素直に謝るしかない。

コミュニケーションの基本は相手の気持ちを理解すること。ある部下が遅刻もするし、すぐ言い訳するような、マイナスの多い人間だったとしても、友達だけは多くて人脈を持っていたら、その部分だけは認める。相手を受け入れて初めて、相手の懐にも入ることができるのである。

(放送作家 田中イデア 構成=鈴木 工)