青参道にアッシュ・ペーの新ショップ 一軒家をモード空間に

写真拡大

 アッシュ・ペー・フランスが3月21日、パリ在住のバイヤー湯沢由貴子のセレクトアイテムを展開する新ショップ「maison de CONCENTO(メゾン・ドゥ・コンセント)」をグランドオープンした。青山と表参道をつなぐ"青参道"に出店する路面店で、一軒家を売場として使用。「J.W. ANDERSON(J.W. アンダーソン)」や「MSGM(エムエスジーエム)」など、コレクションラインから新進気鋭のデザイナーまで本物の"MODE(FASHION)"にフィーチャーした50〜60ブランドを揃える。

青参道にアッシュペーの新ショップの画像を拡大

 ヒトやモノ、情報、コミュニケーションを結び付けていくという意味の造語「CONCENTO」をショップ名に取り入れた「maison de CONCENTO」は、六本木に構えていた「CONCENTO PARIS H.P.FRANCE(コンセント パリ アッシュ・ペー・フランス)」を新たに新装オープンさせたバイヤーズショップ。店舗面積約140平方メートル、1階から2階まで2フロア構成の店内で、大人の女性をターゲットに「MEADHAM KIRCHHOFF(ミーダム・カーチョフ)」や「SEMI-COUTURE(セミ・クチュール)」といった多彩なブランドを展開する。

 「maison de CONCENTO」は2月14日のプレオープンを経て、今日3月21日から本格展開をスタート。同日にはオープニングパーティーを開催し、デザインとアート、プロダクトの合同展示会「場と間」のディレクター馬場雅人がコーディネートするヘルシーなフードが振る舞われるなか、"青参道"の中央に構える新ショップのオープンを祝い多くの招待客が来場した。

■maison de CONCENTO
 住所:東京都渋谷区神宮前5-3-4
 TEL:03-6427-4412
 営業時間:11:00-19:30