夫婦間のへそくり、4割以上が「ある」と回答 - 平均金額は妻141万円、夫は?

写真拡大

オリックス銀行はこのほど、全国の20歳以上の既婚男女計500名(男性250名、女性250名)を対象に、家計管理に関する夫婦間の意識の違いについて、インターネットでアンケート調査を実施し結果を発表した。

「夫または妻はへそくりをしていると思いますか?」と聞いた質問では、妻は、夫がへそくりを「していないと思う」が「していると思う」の2倍以上となった。

一方、夫は、「わからない」という回答が比較的多いながらも、3割以上が妻にへそくりが「ある」と感じているという結果になった。

実態は、夫・妻ともに4割以上がへそくりをしているという結果になった。

もし相手にへそくりがあったらどう思うかを聞いた質問では、夫・妻ともに 「特に何も感じない」との回答が最も多かった。

「ずるい」といった否定的な意見は少なく「ありがたい」「うらやましい」など夫・妻ともにへそくりに対しては寛容な意見が多かったという。

へそくりの平均金額は、夫が約135万円、妻が約141万円と、ほぼ同じ金額という結果だった。

お互いの給料全額を共同財布に入れる夫婦は、へそくりがないことが多く、平均金額も少ない傾向がうかがえたという。

お財布を共同にするという行為自体が、夫婦間で金銭面をオープンにしているという表れなのではと調査では分析している。

さらに、へそくりを何に使う予定なのかを質問。

妻は「子供のため」、夫は「家族でのレジャー・旅行のため」が最も多かった。

夫と妻の回答を比較すると夫は 「友人との交際費」が36%で2番目に多い回答となったのに対し、妻は20%に満たない結果となったという。