あなたの地元独自のおやつを教えて!



日本全国には、その土地ならではの「おやつ」がたくさんあります。例えば、筆者の地元・京都府舞鶴市には舞鶴発祥といわれている「肉じゃが」を使った『舞鶴肉じゃがクッキー』なるものがあります。肉じゃがをクッキー生地に練り込んだもので、口いっぱいに肉じゃがの風味が広がるなんとも不思議なクッキーです。



今回は、こうした地方独自のおやつを紹介します。



●ぽっぽ焼き(新潟県)

新潟県内で販売されている、細長い黒糖パンのような茶色いお菓子。黒砂糖の素朴な甘さとモチッとした食感が特徴です。縁日などでも販売されていて、温かい状態で提供されています。新潟県の一部では『蒸気パン』という名前でも呼ばれています。



●くろがね堅パン(福岡県)

『くろがね堅パン』は福岡県北九州市の名物のお菓子で、お土産だけでなく、市内のスーパーでも売られています。堅パン(かたぱん)とは保存食の一種で、同じく保存食の乾パンよりも堅いのが特徴。そのため「歯が折れるお菓子」なんて呼ばれることも。このくろがね堅パンの包装紙には、お年寄りなどは水分に浸して軟らかくして食べるようただし書きがされているそうです。



●カツゲン(北海道)

『カツゲン』と聞くと、何だか食べ物のようなイメージがありますが、実は飲料品。雪印メグミルクが発売している乳酸菌飲料です。北海道限定で発売されており、ほかの地域での知名度はほとんどないとか。



●じゃがポックル(北海道)

北海道地域限定で販売されている、ジャガイモを使ったスナック菓子です。ジャガイモを細切りし油で揚げたもので、サクサクした食感が特徴です。スーパーなどのほかに、空港でも販売されています。



●リボンナポリン スティック(北海道)

またまた北海道限定のお菓子。北海道限定で販売されている飲料『リボンナポリン』の味のアイスキャンディーです。「ガリガリ君」で知られる赤城乳業が販売しています。北海道以外ではまずお目にかかれないので、現地で見つけたらぜひ。





●サラダホープ(新潟県)

亀田製菓が新潟限定で販売している塩味のあられです。最初は全国展開し大ヒットとなったのですが、増産態勢を整えているうちに類似品が出回り人気が下降。その後、新潟県限定になったのだとか。



●野沢菜漬クッキー(長野県)

長野の名物、野沢菜漬けを生地に練り込んだ、何とも変わったご当地クッキーです。長野県の佐久市のお菓子店で販売されています。塩気のある野沢菜漬けとクッキー生地のコンビネーションが独特です。

●ビスケットの天ぷら(岩手県)

岩手県の西和賀町の独特のおやつが、ビスケットに衣を付けて揚げる『ビスケットの天ぷら』です。この地域の郷土料理の一つで、道の駅などで売られています。また、飲食店などでも提供されているそうです。外の衣はサクサク、中のビスケットがモチモチ、なんだとか。





地方独自のおやつたちを紹介しましたが、気になるものはありましたか? 中にはお取り寄せができるものもあるので、ご賞味あれ!



(貫井康徳@dcp)