広島県・マツダスタジアムにかーぱくん再登場! 隣にはトリックアートも

写真拡大

広島東洋カープのマツダスタジアムに、カープ浮上かばの「かーぱくん」が帰ってきた。

また、カープキッズパークでは、壁面に描かれたイラストが立体的に見える「カープトリックランド」が登場する。

「かばのかーぱくん」は2012年に、カープの浮上を願って登場。

子供たちを始め多くのファンの人気を集めた。

今年は口を大きく開けた新しいポーズとなり、コンコース開放日の3月20日に再登場。

今シーズンも「かーぱくん」のいる多目的スペース「かば広場」では、多くのイベント開催を予定しているという。

マツダ スタジアム隣の「カープキッズパーク」では、プロムナード入口付近のイベントスペースとその壁面が「カープトリックランド」として生まれ変わる。

壁や床には平面の絵なのに立体的に見える不思議な3Dアートが描かれ、写真撮影が楽しめる。

壁面に描かれた「ライオン」「恐竜」「ワニ」「かば」「ドラゴン」はいつでも撮影が可能。

床面の「胴上げ」「空飛ぶじゅうたん」「ウインターフォール」は試合開催日のみオープンする。