シダックス、3年で正社員1000人雇用へ--2013年度は契約社員から202人登用

写真拡大

シダックスは21日、2013年4月1日付で202名の正社員登用を行うと発表した。

今後も継続的に正社員雇用を続け、2015年までの3年間に1,000人規模の正社員登用を予定している。

同社は、2008年から2012年の4年間に計907人の正社員登用を実施しており、2013年度からはその枠をさらに拡大する計画。

今回、正社員として登用したのはグループ各社の「栄養士」「運転サービス士」「司書」「支配人」などのスタッフで、有期雇用契約社員として雇用している1万人強の中から、登用試験を経て選抜した。

同社は、少子高齢化や低成長といったサービス産業が置かれた現状の厳しさを踏まえつつも、サービス企業としての生命線は「『人』と『人が磨き上げる現場力』である」ととらえ、正社員登用を行ってきたという。

今後も正社員登用を推進し、各人の専門性を生かしながら各部門で活躍できる環境を整えていくとしている。

同社は、社員食堂などの受託運営を行うフードサービス事業やレストランカラオケ事業、車両運行サービス事業、図書館・道の駅などの施設運営を行う社会サービス事業に加え、2013年より新たにスポーツ&カルチャー事業を展開している。