新大阪等の新幹線停車駅と京阪神主要10駅で「レール&カーシェア」が始動

写真拡大

JR西日本レンタカー&リースとタイムズ24は、新大阪・新神戸・大阪等の新幹線停車駅および京阪神主要駅の10駅で、4月1日から「レール&カーシェア」を始動させると発表し、3月21日から10駅にある駅レンタカー店舗等にて会員募集を開始した。

同取り組みは、1月28日に締結した、西日本旅客鉄道(JR西日本)を含めた3社協業で推進するカーシェアリング事業の一環であり第一弾。

グループ会社を含めた鉄道事業会社とカーシェアリング事業会社が提携し、「会員の募集・獲得」「新規ステーション展開」「車両の配備・管理」など幅広く協業・サービス展開する事例は全国でも初とのこと。

カーシェアリングは会員制の無人レンタカーで、携帯等での事前予約によって貸し出しなどの手続きなく乗車することが可能。

今回の「レール&カーシェア」では、駅構内を含めた駅周辺へのカーシェアリングステーション設置により、シームレスな移動が実現するという。