東京都港区のアークヒルズで「桜まつり」! マルシェにカレーに音楽も

写真拡大

森ビルは3月20日から、同社が運営するアークヒルズ(東京都港区)の敷地を取り囲む道路の桜のライトアップをスタートした。

恒例となっている「桜まつり」は、3月29日から31日まで開催する。

桜のライトアップは、3月20日から4月中旬頃まで開催。

アークヒルズの敷地を取り囲む三方の道路(桜坂〜スペイン坂)に植えられたソメイヨシノをライトアップする。

時間は17時〜22時30分。

「桜まつり」は、毎週土曜日に行っている「ヒルズマルシェ」の特別開催を中心に開催。

ヒルズマルシェでは、生産者の顔が分かる新鮮な野菜や果物、ジャムなどの加工品やお菓子、春の花や雑貨などを、出店者とのコミュニケーションを楽しみながら買い物できる。

会場はアーク・カラヤン広場。

また、29日夜はオフィスワーカーでも気軽に楽しめる「ナイトマルシェ」を開催(17時〜20時)。

会場には「カレー」をテーマに、アークヒルズ内のレストランによる人気のグルメ屋台が登場。

出店店舗は、アークヒルズカフェ、ウルフギャング・パック・カフェ、オーガニックハウス、オーバカナル、サブウェイ、成城石井、Choice!、陳麻婆豆腐、八十八楽、バビーズニューヨーク アークヒルズなど。

出店店舗は、変更になる場合もある。

3月31日には、サントリーホールで春恒例のイベント「サントリーホールのオープンハウス」(一般開放)を実施。

オーケストラ、オルガン、室内楽、オペラの名曲を気軽に楽しめるほか、毎年好評の「ホール・ガイドツアー」や「ホール de おんがくテーリング」なども開催する。

入場無料(出入自由)。

時間は11時〜17時。

期間中のアーク・カラヤン広場では、日替わりでコンサートやパフォーマンスを行う。

3月29日はアークヒルズのオフィステナント「西村あさひ法律事務所」の合唱部によるランチタイムコンサートを開催(12時30分〜)。

30日は創作舞踊集団「寶船」によるパフォーマンスを行う。

時間は12時〜、15時〜の2回。

31日には、横浜シンフォニエッタ・メンバーによる木管アンサンブル・コンサートを開催する。

サントリーホール「オープンハウス」に出演する木管奏者たちが演奏する名曲演奏が楽しめる。

時間は14時30分〜、15時30分〜の2回。

また、和紙づくりや銅トレー、キャンドル作り、笠間焼のろくろ無料体験など、親子で楽しめるワークショップを開催する。

事前申し込み不要なコンテンツもある。

伝統工芸を始め、日本の文化芸術を気軽に楽しむことができる。

料金や開催時間は各コンテンツによって異なる。

プレゼント企画として、3月30日・31日の桜まつり来場者各日先着300名に、桜の枝をプレゼントする。

配布時間は13時から。

なくなり次第終了となる。

桜まつりは3月29日の11時〜20時、30日・31日の10時〜19時に開催。

詳細はアークヒルズ公式サイトで案内している。