ジャパンネット銀行は18日、JNB-FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)にて、新規ストリーミング注文の際に、同時に決済注文ができる機能を追加した。

新たに追加した機能では、新規ストリーミング注文の画面から、新規注文と同時に利益や損失を確定させる決済注文を発注することが可能となる。

JNB-FX PLUSではFX取引経験が少ない顧客が多いため、わかりやすさを重視し、発注画面には「指値」「逆指値」に加え「利益確定値幅」「損失確定値幅」といった取引をイメージしやすい用語を使用。

同機能を活用することで、注文にかかる手間を軽減でき、日頃忙しい顧客にも決済したいタイミングを逃すことなく、より快適にFX取引を行うことができるとしている。

ジャパンネット銀行は、今後も顧客の幅広いニーズに応えることができるよう努めていくとしている。