「日本上陸100th記念限定カスタムペイントモデル」にまたがるイベントサポーター・福田樹さん

写真拡大

ハーレーダビッドソン・ジャパンは2013年3月23・24日、ハーレーに試乗できる「デモライドキャラバン」を、お台場K区画特設会場(東京・江東区)で開催する。限定モデル車両に乗ったキャラバン隊が、同イベントをPRするため3月19日にJ-CASTニュース編集部(東京・千代田区)を訪れた。

ハーレーに乗って公道走れる

地域ごとの正規販売網ともに2011年から実施しているイベントで、今回は最新の2013年モデルほか、販売店によるカスタム車や中古車約150台(1台90万円台〜300万円台)が登場する。試乗用として全10台を用意し、大型自動二輪MT免許があればハーレーに乗って実際に公道を走れる。免許がない人も擬似走行体験ができるコーナーがあり、ハーレーにまたがりエンジン始動からギアチェンジまでを行える(高校生以上が対象)。

「なりきりフォトコーナー」では、ターミネーターなどの格好でハーレーと記念撮影でき、その場でプリントしてもらえる。1人1枚まで無料。また、会場でアンケートを記入すると「H-Dオリジナルマフラータオル」が全員にプレゼントされる。

日の丸モチーフのグラフィックをあしらった「日本上陸100th記念限定カスタムペイントモデル」にまたがったイベントサポーターの福田樹さん(24)は、「お子さんや大人の方、免許のある人もない人もハーレーを楽しめるイベントなので、ぜひいらしてくさい」と話していた。

入場は無料。同じ時期には、近くの有明で東京モーターサイクルショーも開かれている。同ハーレーイベントは今後、福岡や大阪、宇都宮など全国各地を順次まわる予定。