繊研新聞社が、中国繊維業界で最大の日刊専門紙を発行する中国紡織報社と提携したと発表した。3月末から、中国語の媒体「海外・日本時尚信息」を「中国紡織報」内で発刊。10万部を発行する「中国紡織報」のネットワークを活かし、日本の繊維・ファッション産業の情報を中国全土の繊維・アパレル産業に伝える本格的なBtoBメディアを目指す。

繊研新聞が中国繊維専門誌と提携の画像を拡大

 繊研新聞社は中国市場において、南京に本社を置く現地全国紙「服飾導報」と提携し2005年より中国語版「日本繊研」を発刊していたが、2月末に休刊。「より中国全土に届くネットワークを模索していた」(繊研新聞社・担当者)ことから北京を拠点とする中国紡織報社と提携し「海外・日本時尚信息」を発刊するに至った。

 中国紡織報社が月曜から金曜まで日刊で発行する「中国紡織報」は、中国紡織工業連合会の機関紙を前身としており、中国の繊維業界でもっとも古い媒体。今回発刊される「海外・日本時尚信息」では、「繊研新聞」で取り上げた情報を基に編集したダイジェスト版を「中国紡織報」の紙面4ページほどにわたって発信する。毎月第4月曜日の掲載を予定し、「オリジナルの内容も少し加える」という。