自動で省エネ走行! 大きな荷物も積める3輪タイプの電動アシスト自転車

写真拡大

パナソニック サイクルテックは4月15日より、3輪タイプの電動アシスト自転車「かろやかライフEB」を発売する。

このほど発売する同製品は、2輪自転車の運転に不安を感じている人を対象に開発した3輪タイプの電動アシスト自転車。

安定性が高く、転倒しにくい3輪タイプであるため、より快適に走行できる。

また、後方に多くの荷物が入る大型バスケットを搭載。

電動モーターがペダルをこぐ力をアシストするため、たくさんの荷物を載せても快適に走行できる。

また、LEDのオートライトを搭載。

夜間走行時もライトの点(つ)け忘れを防ぎ、事故のリスクを軽減する。

バッテリーは充電する手間を軽減したいという声に応えて、13.2Ahを搭載。

従来モデル(BE-ENR834)より約10%アップし、走行距離は約9%アップの約48km(パワーモード時)。

アシストモードは、操作がしやすい「オートマチック」、「パワー」の2種類。

オートマチックは、力を必要とする発進時や上り坂は「強」、平地では「中」、下り坂は「OFF」となるアシストモードで、走行条件によりアシストの強さを自動的に調整する。

「パワー」は常に強い力でアシストするため、上り坂などが多い場面で有効。

さらに、走行状態をセンサーで感知し、自動で省エネ走行する「エコナビ」機能も搭載。

道路状況や走行条件に応じて快適性を失わずに、最適なエコ運転を行う。

同製品の車輪サイズは前18インチ、後ろ16インチ。

フレームカラーはパープルとチタンシルバー。

走行距離はパワーモードは約48km、オートマチックモードは約56km。

充電時間は約4.5時間(付属の急速充電器使用時)。

価格は20万円。