大阪府・梅田に西日本エリアの旗艦店「ボーネルンドあそびのせかい」誕生

写真拡大

ボーネルンドは4月26日に開業するうめきた・グランフロント大阪の中核施設「ナレッジキャピタル」内に、親子向け屋内複合遊戯施設「ボーネルンドあそびのせかい グランフロント大阪店」をオープンする。

「ボーネルンドあそびのせかい」は、親子で一緒に運動や遊びを楽しめる室内あそび場「キドキド」と、世界のあそび道具を販売する「ボーネルンドショップ」からなる複合施設。

このほどオープンする「グランフロント大阪店」は、グランフロント大阪の「ナレッジキャピタル」内の「フューチャーライフショールーム」に開設する。

「キドキド」はボーネルンドオリジナル遊具を中心に、子供たちが発達段階に応じた多様な遊びを楽しめる遊具を設置。

更に同店では、全国初登場となる大型複合遊具も導入する。

ショップでは0歳から99歳まで幅広い年齢層が楽しめる、世界の遊び道具約1,500種類を取りそろえる。

また、同店は西日本エリアにおける旗艦店舗と位置づけ、法人顧客に向けた最先端のショールームとしても機能するという。

セミナーやワークショップを定期的に開催するなど、社会の「子育てインフラ」としてのあそび環境の可能性を存分に体感できる施設を目指すほか、ナレッジキャピタルに参画する様々な企業や団体との協働を計画している。

営業時間は10時〜19時(キドキド受付は18時30分まで)。

キドキドの対象年齢は6カ月〜12歳。

大人も利用可能。

キドキドの利用料金は、子供ひとり600円(30分)、以降100円(10分)、大人ひとり300円(利用時間不問)。