社会人のタイムマネージメントのための腕時計「T-director」発売

写真拡大

ビジューワタナベはこのほど、タイムマネージメントに適した腕時計「T-director(タイム・ディレクター)」を発売した。

同商品は、決められた時間内で必要な何分かを表すペン先型の分針と時計の外枠(ベゼル)に刻まれた数字を組み合わせることにより、残り時間を瞬時に知ることができる機能が付いた腕時計。

開始前にベゼルを回して「▼」マークを終了時刻(分)にあらかじめセットすれば、分針が指し示す先のベゼルに刻まれた数字が、残り時間を教えてくれるという。

また、自分の一番見やすい角度に時計本体を起き上がらせることができる「フリップ・アップ構造」が備わる。

日頃のオフィスワークやミーティング、プレゼンテーションなどで腕時計をテーブルクロックのように机に置いて時間を確認する場合に、常に目線に時計を置くことにより、時間の無駄が減るとのこと。

同社では、「日頃からこの時計をミーティングや日常の仕事で使い時間配分を意識することにより、おのずと時間の効率的な使い方を身につけることができる」としている。

価格は2万9,400円。