東京都・江戸東京博物館で、新島八重の魅力に迫る「八重の桜」特別展

写真拡大

東京都江戸東京博物館では、3月12日〜5月6日にかけて、江戸東京博物館開館20周年記念 2013年NHK大河ドラマ特別展「八重の桜」を開催する。

同展は2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」と連動し、ドラマの主人公で会津出身の「新島八重」の生涯を紹介するもの。

同時代の資料や新島八重ゆかりの品々約200点を展示する。

戊辰(ぼしん)戦争の敗戦から立ち上がる人々の姿を通し、震災復興へのメッセージを伝える展覧会となっている。

展示は、「プロローグ」、第一章〜第五章、「エピローグ」という構成。

第一章「会津の教え」では、八重の育った城下町の様子や、会津藩の教えを示す多彩な資料を見ることができる。

第三章「会津籠城」では、八重が戦った戊辰戦争の激戦を物語る数々の資料を展示する。

第四章「古都復興 - 覚馬と襄 - 」では、新島旧邸を再現するほか、八重ゆかりの品々を展示。

第五章「ハンサムウーマンへ」では、八重の夫となる新島襄(にいじま じょう)が八重に心惹(ひ)かれた「内なる美」について探る内容となっている。

同展は3月12日〜5月6日に開催。

時間は9時30分〜17時30分(土曜日は19時30分まで、入館は閉館の30分前まで)。

休館日は毎週月曜日(ただし、3月25日、4月29日、5月6日は開館)。

観覧料は当日券一般は1,300円、大学生・専門学校生は1,040円、高校生・65歳以上は650円。

また、同展は東京で開催した後、福島県立博物館で5月17日〜7月3日に、京都府京都文化博物館で7月13日〜9月1日に巡廻(じゅんかい)する。