東京都江戸川に、シェアオフィスやスタジオ付きメガ・シェアハウス誕生

写真拡大

シェア・デザインは3月10日に、日本最大級の個室数(85戸)を誇るメガ・シェアハウス「シェアヴィ瑞江」(東京都江戸川区)をオープンした。

同シェアハウスは旧ダイエー寮をリノベーションした物件で、都営新宿線「瑞江」駅から徒歩5分の場所に立地。

「誰かとつながる新しい暮らしかた」をメインコンセプトとしている。

居住者同士のコミュニケーションを重視したダイニング・カフェ・ラウンジは、70年代カリフォルニアテイストのアンティーク家具でデザイン。

居住者にはホテルのような朝食が毎朝楽しめるサービスを提供する。

また、個人起業家やクリエイティブな人たち向けのシェアオフィス、音楽や運動を楽しめるスタジオ&ジムなども完備。

居室の中には2人部屋もあり、入居者は最大100名を超えるメガ・シェアハウスとなる。

専有設備は、ベッド・冷蔵庫・机・椅子・エアコン、バス・トイレ(1R、1LDのみ)。

共有設備は、キッチン・トイレ・シャワールーム・宅配BOX・洗濯機・乾燥機・TV・ウッドデッキ。

同シェアハウスの戸数は全85戸。

賃料は月額4万4,000円〜9万3,000円。

共益費は光熱費月額8,000円(2名居住の場合、月額1万6,000円)、管理費月額7,000円(電気・ガス・水道・インターネット込)。