静岡県熱海市で、四季折々の夜空を花火が彩る「海上花火大会」を開催

写真拡大

熱海温泉ホテル旅館協同組合は、静岡県熱海市で開催している「熱海海上花火大会」のスケジュールを発表した。

春の花火大会の開催日程は、3月31日と4月29日の2日間。

春季、夏季、秋季、冬季の年4回行われている同花火大会では、単発の「スターマイン」や、幅約1,000mにわかって打ち上がる「大空中ナイアガラ」など、様々な花火が打ち上げられる。

熱海湾は3面の山で「すり鉢状」に囲まれているため、スタジアムにいるような音響効果があるという。

春の開催では、サンビーチ海水浴場から熱海港までの海岸線一帯などを観覧場所に、各日ともに3,000発の打ち上げ数を予定。

時間は、各日20時20分〜20時45分までとなる。

そのほかの開催日は、夏季が、7月20日・28日、8月5日・8日・20日・25日・31日の7日間(各日20時20分〜20時50分まで)、秋季は9月16日(各日20時20分〜20時45分)、冬季は12月8日、15日、23日(各日20時20分〜20時45分)。

打ち上げ数は、夏季が5,000発、秋季と冬季は3,000発を予定している。

なお、同花火大会では、開催日ごとに、メッセージ花火の打ち上げを募集。

対象は熱海温泉宿泊者で、先着5名とのこと(価格は10,000円)。

詳細は、同組合公式サイト「熱海温泉お宿ナビ」で見ることができる。