三重県でイルカと遊べる「春の鳥羽湾めぐりとイルカまつり」開催

写真拡大

志摩(しま)マリンレジャーなど4社は、3月24日(日)〜5月26日(日)まで、イルカと遊べる「春の鳥羽湾めぐりとイルカまつり」を、三重県鳥羽市の「イルカ島」で開催する。

アクセスは、マリンターミナルから志摩マリンレジャー遊覧船で約15分。

同イベントでは、イルカトレーナーとともに、ショー以外の裏側の仕事を体験できる「イルカ飼育体験ツアー」を、4月1日(月)・2日(火)・3日(水)・4日(木)に開催する。

時間は、10時15分〜14時40分まで。

ツアーは事前予約制で、参加費1人6,000円となる。

また、3月25日(月)・26日(火)・27日(水)・28日(木)・29日(金)・30日(土)・31日(日)には、大型観光船に乗船し、船員の仕事を体験する「操舵(そうだ)室見学と船長体験」を実施。

時間は10時30分(実施時間は約1時間)から、体験は事前予約制で参加費1人1,200円。

そのほか、イルカやアシカと記念撮影できるイベント、イルカの餌やりができるおやつ券や、中日ドラゴンズ選手のサインボールをプレゼントする「宝探し大会」、イルカとのふれあいが体験できる「イルカにサイン体験とイルカタッチ」など、多数のイベントが行われるとのこと。

詳細は、同社公式ホームページで見ることができる。

イルカ島は、日本百景に選定されている鳥羽湾に浮かぶ島で、全島観光化されている。

イルカやアシカのショーのほか、展望リフト、海水浴場、魚釣りなども楽しめるという。