リゾートトラスト:2012年12月20日〜13年3月19日・前場終値

写真拡大

リゾートトラストは会員権リゾートホテルで首位。013年3月期は柱の会員権販売事業が好調に推移、通期業績を大幅に上方修正した。アベノミクスによる消費マインド回復を織り込んで株価は右肩上がりだが「本格的な成長はまだこれから」と、剣持アナリスト。テクニカル分析を交えて同銘柄の投資戦略を練ってくれた。

<剣持アナリストの過去記事>

NTN(6472)は大規模な改革で3年後に営業利益5倍を目指す

クボタ(6326)にアベノミクスの恩恵が!

三菱重工業(7011)の航空宇宙部門が絶好調!

リゾートトラストの株価(3/19前場終値):2473円 予想PER:18.3倍 PBR:2.17倍 予想配当利回り:2.22%

買い目途:2300円近辺で。

目標株価:短期目標は3000円 中長期的に3750円

通期増益予想をさらに上方修正!

 リゾートトラスト(4681)は会員権リゾートホテルで首位。2013年3月期は、主力の会員権販売事業が好調に推移している。

 3月14日大引け後に13年3月期の業績修正を発表。純利益ベースで従来の64億円から70億円(前期比29%増)へと上方修正を行った。

 リゾートホテル会員権に加え、高齢者向けにメディカル会員権も底堅い販売が続いていることが修正の背景。

 株価はこれを素直に反応する格好で07年11月以来、約5年4カ月ぶりに2500円台を一時奪還した。

 3月に入り富裕層を中心とした消費マインドの回復を見込み、株価は上昇ピッチの速さが目立ち、先行きが不安になる向きもあろう。

 ただ、会員権1口につき親子2名のオーナー登録が行える新商品「二世代型エクシブ」の導入などの積極展開を織り込むのはこれから。今後は来期以降の利益上乗せを睨んで、さらなる上昇が期待される。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)