ウケる話をつくりたいのであれば、何か変わったことを見たり聞いたりしたとき、しっかりと心に留めておこう。

電車に乗ったら、聞こえてくる会話や中吊り広告に何かないか、アンテナを張り、取引先に行くのであれば少し早めに着いて近辺を回ってみる。ツカミのネタとして私が提唱しているのは、「アニキとタケシが過去住職」。「ア」は遊び、「ニ」はニュース、「キ」は季節、「ト」は友達、「タ」は旅、「ケ」は健康、「シ」は仕事、「ガ」は学校、「カ」は家族、「コ」は恋人、「ジュウ」は住居、「ショク」は食事。ここからネタを探しておくと、とっさに話が思い浮かばないときにも便利だ。

使えそうな話が見つかったら、まず5W1H1Dに整理しよう。これは話を正確に伝える要素である5W1Hに、結論にあたる「どうした(Do)」を加えたものだ。私自身の経験を例にすると、「つい最近(When)、家電量販店で(Where)彼女が(Who)テレビに映っているコブクロの歌を聴いて(What)、言葉が似ていたから(Why)『声量』と『性欲』を(How)言い間違えた(Do)」になる。

そして次の作業として、話に自分の気持ちを入れる。その状況を見て自分はどう思ったのか、気持ちが入ってないと聞き手は共感しにくいからだ。この場合、「恥ずかしかった」という“怒”でも、「愛おしくなった」という“楽”でもいい。そして話を起承転結に沿って肉づけしていく。

【起】彼女と一緒に家電量販店に行った。
【承】売り場にはたくさんのテレビが置いてあった。
【転】彼女がコブクロの映っている画面を見ていた。
【結】声量と性欲を間違えた彼女が、「すごい性欲だね」と言った。

こうして骨格ができあがった後、話を加工する。具体的には、聞き手が話を理解するために必要な情報を足す「補足説明」、話を面白くするために事実ありきで多少創作する「脚色」、面白い部分を際立たせるために不要な部分を省く「削除」である。

彼女がテレビを買い替えたいと言うから(補足説明)、一緒に家電量販店に行った。売り場にはたくさんのテレビが置いてあって、画面ではコブクロのライブ映像が流れていた(補足説明)。熱唱するコブクロに見とれる彼女(脚色)。声量と性欲を間違えた(削除)彼女が「すごい性欲だね」。店員が思わず2度見!(脚色)。

つまりオチの「結」を際立たせるため、フリの「起承転」を丁寧につくり込んでいくわけだが、これはウケる話に限った手順ではない。営業にとってある商品を売ることや経営企画部門にとって経営戦略の採用をオチとするなら、そのゴールに向けてのプレゼンであったり、コミュニケーションはフリに当たる。そこでは起承転結に沿って筋道を立てること、自分なりの感情を入れること、脚色や不要な部分の削除などを無意識に取り組んでいるはずだ。ウケる話も同じように、目的に向けて逆算していけばいい。

話ができあがったら、次に考えるべきなのは、場の空気である。自分で話しやすい空気をつくることは、その場の中で自分が一番上のポジションにいないかぎりなかなか難しい。だから、その場の空気に合わせて動くことがセオリーになる。

たとえば誰かが「今日すごく暑いよね」と話を始めて、その話題がつながっていったとしよう。そこで、

×「ちょっと聞いてくださいよ! こないだ家電量販店に彼女と行って……」

と切り出せば、「それって今話す必要ある?」と周囲は当惑するだろう。しかし、そこで、

○「暑いといえば最近、店の中って冷房効いてないですよね。そういえば、こないだ彼女と家電量販店に行ったとき……」

と、つなぎのフレーズを入れれば、話の中身は暑さと全然関係なくても、さもスムーズに展開した印象を与えることができる。結果、人が話を聞く空気の中で、用意していたトークで勝負できるのだ。

しかしスムーズに流れがつくれたとしても、喋り手の気持ちがネックになって、ウケる話がウケないこともある。これは前項でふれたような「面白く思われたい」という過剰な自信、「失敗したらどうしよう」という不安、そして緊張がトークにほころびを与えるからだ。しかし、プロの芸人だって、全員が全員、強いハートを持っているわけではない。彼らは緊張や不安を「慣れ」によって克服しているのである。

もし会社で話すことがハードルが高いのであれば、家族、友達、恋人の前で一度話してみる。身近な人間であれば失敗しても傷つかないし、「長い」「つまらない」と言われたら、その意見を参考に話を微調整していく。そうやって快心の話ができたときに初めて、取引先や上司に話せばいいのである。

人から見られることに苦手意識を持っている人には、イメージトレーニングを勧めたい。やり方は簡単で、電車で向かい側に座っている人を見ながら、もしくは映画館で一番前まで行って客席を振り返りながら、「今からここで喋る自分」を想像してみるのだ。私もプレゼンを控えたとき、こうすることがある。最初は結構緊張するが、目の前にいるのは普通の人で、その視線を怖く感じるのは所詮、自分の思い込みなのだと気づく。

矛盾するようだが、「そんなにウケなくてもいい」という割り切りも必要だ。その場が少しでも和んでくれたらいいなぐらいの気持ちで臨み、聞き手である上司や取引先に「空気を読んで、気を使ってくれたんだ」と伝わればいいのだ。ウケること以上に、その後に待っている仕事が大事なのだから。

(放送作家 田中イデア 構成=鈴木 工)