社内結婚をした人に聞く 社内恋愛を長続きさせるコツ

写真拡大

春になったら素敵な出会いたくさんがあるはず!と、これからの出会いに期待している人も少なくないのでは。しかし、社会人になってからの出会いでは、お互いに仕事も忙しく、仲良くなるのに時間や努力が必要です。そうなると期待したいのは社内恋愛。基本的には毎日会うし、お互いの理解も早く深まりそう。とはいえ、何かと面倒なことが多いとも聞きます......。素敵な社内恋愛を成功させるにはどうしたらいいの? 誰か教えて!
今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、社内恋愛から結婚に結びつけた社内恋愛成功者の皆さん。社内恋愛を長続きさせる秘訣と、破局しやすいNG行為を聞きました。

■オープン? それとも隠すべき?
−社内恋愛をした際、オープンにすべきか隠すべきかは悩みどころ。それぞれのメリットを教えてください!

・オープンにするメリット
「噂になったり周りを不信がらせたりせずに済むことです。私は付き合った当初からオープンな交際をしていました。ただし、気を付けるべきなのは、オンとオフをきっちり分けること。これができないと、周りから微笑ましく見守ってもらえません」(女性/メーカー)

・隠すメリット
「隠すメリットは、自分も周りも気をつかわないで仕事ができること。飲み会でネタにされたり、冷やかされたりしなかったのも良かったです」(女性/教育)

オープンにするか隠すかは、自分の性格に合うかどうかはもちろん、社内の雰囲気でも決めたいところですね。

■長続きの秘訣は「仕事に干渉しすぎないこと」
−長続きさせるコツを教えてください!
「お互いの仕事に干渉したりアドバイスをし過ぎたりしないことです。お互い仕事の内容が分かっているからこそ、状況によっては100%味方ではいられない状況も少なくありません。相手が落ち込んでいるときには『大変だったね』と声をかけたり、ただ話を聞いてあげたりするなど、励ます立場でいるといいのではないでしょうか」(男性/IT)

相手の仕事内容を理解できることは社内恋愛のメリットの一つですが、把握できすぎるのも考えもの。「こうしておけばよかったのに!」なんてアドバイスはけんかの火種になってしまうこともありそうです。

■一番のNG行為は「公私混同」
−社内恋愛のタブーを教えてください。
「仕事相手の異性と話しているのを後々指摘したり、取引先の異性の文句を言って遠回しに束縛したりするのは一番のNG行為です。また、けんかや二人のいざこざを会社に持ち込んで周りに気をつかわせてしまうのも厳禁。周りに面倒なカップルだと一度でも思われてしまったら、何をしてもマイナスにしか映らないので注意が必要です」(男性/広告)

仕事とプライベートをきちっと分けられる人にこそ、社内恋愛はふさわしいようです。

社会人男女にとって、職場は一日の大半を過ごす場所。同じ時間を共に過ごしていると、異性の同僚の意外な一面や素敵な性格に気付くものです。もちろん、「別れたときの気まずさを考えて、軽い気持ちでは付き合わない」(女性/証券)というルールを守りながら、お互いを高め合える相手とお付き合いしたいですね。社内に恋人ができたという人は、ぜひ参考にしてみてください!

(yurisung**+プレスラボ)