女性におススメ! ゆったり旅ができる豪華バスツアー




バスツアーに人気があるのをご存じでしょうか。クルマを持っていない若いカップル、ご夫婦、女性友達同士などから支持されているそうです。今回紹介するのは、それよりちょっと高価な「豪華バス」の旅。ゆったり座れて快適だそうです。



株式会社はとバス 広報室主任の小野恵子さんにお話を伺いました。





■豪華バスができたワケ



――そもそも豪華バスを作ったきっかけは何だったのでしょうか。



小野主任 お客さまにアンケートはがきをお配りして伺ったところ、「料金は高価でもいいので、ゆっくり旅行がしたい」というご意見を賜りました。そこで、「1人で2席利用」というプランを作って実験してみたんです。



――横の席も自分で使っていいってことですか?



小野主任 はい。通常は1つのバスで44席ですので、この場合22席になります。やってみましたところ、「閉所感がない」などのご意見で、大変に好評を頂きました。それで、座席数を減らしたバスを作ってみようということになりました。



――なるほど。ニーズがあったんですね。



小野主任 はい。現在、弊社には『ピアニシモ2』と『フォルテシモ』という(豪華)バスが2台ずつあります。



ピアニシモは2002年に、フォルテシモは2003年に導入されました。ピアニシモの方は車体再生作業の際に車内にトイレ設備を増設いたしました。現在はピアニシモ2という名称になっています。



――席数はいくつなんでしょうか?



小野主任 フォルテシモは27席です。ピアニシモ2はトイレ設備を設けているため23席です。



――ゆったりした席数ですが、お客さんからの評判はいかがでしょうか?



小野主任 そうですね。高評価を頂いておりまして、今ではすっかり定着していますね。ほかの会社さんでも席数の少ないバスを導入するようになっています。



――先駆者は大変ですね。



■バスって高価です! 豪華バスは約5,500万円!!



――お金の話で恐縮ですが、バスっていくらくらいするものですか?



小野主任 普通のバスでだいたい4,200万円ほどですね。豪華バスになると5,500万円ぐらいですね。



――高いものなんですね。はとバスさんにはバスが何台ぐらいあるんですか?



小野主任 135台ありますよ。



――単純計算で56億7,000万円(以上)分のバスがあるわけですね。



■豪華バスで行くお勧めのツアーは!?



――豪華バスで行けるお勧めのツアーを教えてください。



小野主任 伊豆海洋公園に行った後、伊豆赤沢にある『赤沢迎賓館』を訪問するツアーがあります。これはピアニシモ2で行く日帰りのコースですが、お食事もとても豪華でいいですよ。赤沢迎賓館はDHCさんが持っておられる素晴らしい施設で、普通は入れません(個人で泊まれば、普通には入れますが、バスツアー初登場です)。このツアーではそこでのお食事を含んでいます。



――この赤沢迎賓館は豪華そうですね。



小野主任 はい。 迎賓館での海洋深層水の大浴場の入浴のほか、「赤沢日帰り温泉館」での温泉入浴か、「海洋深層水赤沢スパ」のどちらかも体験できますよ。



――宿泊が入るとどんなツアーがありますか?



小野主任 そうですね。今年は伊勢神宮の遷宮の年(20年に1回)に当たりますので、伊勢神宮への1泊2日の旅はいかがでしょうか。



――いいですね! どんなツアーですか。



小野主任 『斎王の宮』という伊勢の高級旅館があるのですが、そこに宿泊いただきます。全客室に露天風呂が付いておりますし、天蓋(てんがい)付きベッドなど、お部屋がまず素晴らしいんです。それに夕食もいいですよ。「松坂牛」も味わっていただけます。



――おー! それは行きたくなりますねえ。豪華バスの旅ですが、ツアーに申し込むのはどんな人が多いですか?



小野主任 やはり少し高価になりますので、ご年配のお金に余裕のあるご夫婦の方が多いでしょうか。あと意外と女性同士の仲良しさんが多いでしょうか。



バスで行くと自分で車の運転をしなくて済みます。そのおかげでビールが飲めたりするのですが(笑)。豪華バスツアー、人気はテッパンだそうで。あなたもいかがでしょうか?







(高橋モータース@dcp)





⇒『はとバス』さんのホームページ

http://www.hatobus.co.jp/