【女性編】海外でも行ってみたい日本の外食チェーンランキング


定番の味が恋しくなる





海外旅行に行った先で見慣れた看板を見かけることがあります。なじみの外食チェーンの海外支店も増えてきました。そこで、465名のマイナビニュース会員の女性に、「海外で行ってみたい日本の外食チェーン」について尋ねました。果たしてどのチェーンが女性に人気なのでしょうか?





Q.海外で行ってみたい日本の外食チェーンを教えてください(複数回答)

1位 モスバーガー 20.0%

2位 大戸屋 15.5%

3位 吉野家 15.3%

4位 餃子の王将 11.6%

5位 カレーハウスCoCo壱番屋 10.5%







■モスバーガー

・「ご当地グルメをバーガーにしてそう」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「海外向けにアレンジされたものが出てきても食べられそうだから」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

・「日本にないメニューがありそう」(36歳/情報・IT/事務系専門職)





■大戸屋

・「和食が食べたいから」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「本当に和の味がそのままなのか知りたい」(27歳/生保・損保/営業職)

・「定食が食べたくなりそうだから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)





■吉野家

・「海外版牛丼を食べてみたいから。味付けが気になるから」(24歳/金融・証券/事務系専門職)

・「懐かしいと思って、入ってしまうと思います」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「海外でもあのおいしさで提供しているのか気になる」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)





■餃子の王将

・「中国進出の試みについて、以前テレビで見たことがあったから」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「日本人の大好きな餃子は、海外ではどんな味付けで売られているのか気になるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「安心感がある」(24歳/建設・土木/技術職)





■カレーハウスCoCo壱番屋

・「海外ならではのトッピングをしたいから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「カレーは普段はそれほどでもないが、たまに無性に食べたくなるので」(25歳/金融・証券/営業職)

・「インド人が日本のココイチはインドのカレーより美味しいと絶賛していた。インドでココイチがどういう風にアレンジされているか食べてみたい」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)





■番外編:外国の素材で味がどう変わるのか?

・丸亀製麺「海外の小麦粉が、どんなものか、試してみたい」(23歳/医療・福祉/専門職)

・小僧寿し「微妙に味が違うとか、そういうのを楽しみたい」(31歳/金融・証券/専門職)

・牛角「焼肉が食べたくなると思う」(30歳/機械・精密機器/技術職)





総評

1位は「モスバーガー」でした。日本でもご当地バーガーがあるように、世界になるともっといろいろな味が体験できるのではないかと期待されているようです。また、海外の原料を使っていても、ある程度は味が想像できることも安心感がある模様。食べ比べてみたいという意見も多かったです。





2位「大戸屋」は、和食の定食が食べられるという点が支持されました。たまには日本のあっさり系も欲しくなりますよね。3位「吉野家」は食べ慣れていることに加えて、外国でもそれほど大きく味が変わらないだろうということから票を集めています。





4位「餃子の王将」は、日本で進化した中華が外国に出るとどう味が変わるのかという好奇心があります。それは5位「カレーハウスCoCo壱番屋」も同じで、日本産の外国料理という特殊な事情が関心を呼んでいるようです。





番外編では、海外でも日本の味に触れたいという願いがうかがえます。すしなどは、今やインターナショナルな食べ物になっていますが、食材は現地調達です。果たしてどんなすしになっているのか、興味はありますよね。

(文・OFFICE-SANGA 繁原稔弘)





調査時期:2013年2月15日〜2013年2月21日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性465名

調査方法:インターネットログイン式アンケート