表 女性向け30代論対象書籍

写真拡大

■TOPIC-4 「第二の自分探し」としての女性30代

今週は30代論です。まず、女性の30代とはどのような時期だと語られているかについて見ていきましょう。

「20代が『第一の自分探し』の時代だとすると、30代は『第二の自分探し』をしなければならない10年間なのです。つまり、もっと深く自分を掘り下げる、ということです。自分がわかっていなければ、自分を幸せにすることもできないのですから」(横森、1p)

「20代は大人としての予行演習の期間で、本当の人生は30歳から始まる」(中山、2p)

男性向け「年代本」では、30代は20代での蓄積を成果に変え始める時期だという見解と、「自分探し」のラストチャンスだと捉える見解がそれぞれ見られました。女性向け「年齢本」における30代の位置づけは後者、つまり「自分探し」に向いている著作が多いといえるのですが、ラストチャンスとまでは急かされていません。まだまだ「自分探し」を続けていこう、というスタンスだといえます。

しかし、先の引用に「第二の自分探し」とあるように、20代の「自分探し」と30代のそれとは違うものだと語られています。では、それらはどう違うのでしょうか。次のような言及から考えてみましょう。

「30代は、家庭に入る人、子どもを持つ人、仕事でキャリアアップしていく人……、それぞれが別の道を歩む時期です。30代が、20代と大きくちがうのは、すべてにおいてやり直しが難しい……というより、『難しいと感じてしまう』ことなのです」(マーチン、2-3p)

「(仕事や専業主婦といった道を選んだのち:引用者注)30代は、そこに落ち着いて住みつき、今後はインテリアやライフスタイルを考える時代。自分が本当には何を欲していて、どんな暮らし方が似合うのか、考え、創造する時代なのです」(横森、1p)

厚生労働省の「人口動態統計月報年計(概数)」(2011年)によれば、女性の平均初婚年齢は29.0歳、第1子出生時の母平均年齢は30.1歳となっています。つまり30代とは、結婚およびその後に連なる出産等のライフイベント経験率が増加し、個々の人生がそれぞれ「別の道」へと分岐していく時期だということができます(このような見方は特に近年のものではないとは思われますが)。30代論は、このような「別の道」への分岐がある程度進んだうえで、そのやり直しや、そこでの暮らし方を掘り下げて考えることをこの時期の「自分探し」と位置づけているといえます。

しかし、どう掘り下げるのか、どう「自分探し」をするのか、その基本原理は20代論と同様です。まず「自分探し」のスタートラインにあるのは、自分自身を受け入れることです。これは前回見たように、恋愛・結婚という文脈に関しても同様なので、一気に見ていきます。

「欠点や未熟さがあっても『それも自分』と認めること。その上で『私でもやれることがある』と信じること。自信がないからこそ、成長もするのです」(有川、63p)

「幸せとは『自分を好きでいられる時間をより長くする』『自分を好きでいられる状態をキープする』ということです」(横森、5p)

「幸せな恋愛、結婚を望むなら、自分を好きになることが第一歩だと思います」(伊達、17p)

人の意見に左右されるのではなく、自分がどう考えるのかを大事にしようとするスタンスも同様です。

「『××しなければならない』『××してはいけない』と、自分を縛っていると、自分を認めることもできなくなるし、やれることがどんどん減っていってしまう。それで一番苦しい思いをするのは、自分なのだ」(和久井、76-77p)

「 『こうあるべき』『こうあらねば』は捨てて、もっとワガママに、ワガママ上手になりましょう。自分なりの幸せは、そこからスタートするのです」(横森、4-5p)

「『人は人、自分は自分。勝ち負けなんて、どうでもいいじゃない』と開き直れるかどうか、です。一人ひとり、生き方はちがいます。周りとの比較なんて愚か。周囲や世間一般の人と自分を比較している以上、人の価値観にとらわれて、伸び伸びと生きていくことはできません」(有川、70p)

すべては自分がどう考えるか次第だ、ということになるのであれば当然、自分の人生は自己責任だとする考えがここに重ねられます。

「自分の幸せに唯一責任があるのは自分」(有川、68p)

「自分の意志で、覚悟を持って決めたことは、自分で責任を負えるから、どんな決断でも、後悔することはない。引き替え、他人の意見に流されて『だってそうしろって言ったじゃない』などと言い訳ができるような決め方をすると、結局は思い通りにならなかったときに後悔するのだ」(和久井、27p)

「どっちにしても自分の選択ですから、後悔はしないのがお約束。後悔して誰かを責めても、いいことはひとつもありませんからね。誰にとってもいちばん大切なのは、『自分の本音』です」(横森、35p)

ここまでは20代論とほぼ共通するスタンスですが、30代論ではより積極的に、自分自身の人生を自ら切り拓いていこうという主張が、さまざまな比喩を用いてなされます。たとえば以下の通りです。20代論の基調は不安、迷い、焦りといったものでしたが、30代論のそれはより明るいものであるように私には見えます。

「“究極の自分”をプロデュースしてみましょう」(有川、66p)
「人生のドラマの脚本をつくるのは、自分しかいませんよ」(有川、91p)
「自分のドラマの主役は自分である、そしてそのドラマのプロデューサーも自分である」(中山、21p)
「オートクチュールの自分」(中山、186p)
「自分で創り上げる人生はアート」(横森、4p)

■食べることで全てが変わる

30代論の対象書籍には一冊、非常に示唆的な著作がありました。ダイエットカウンセラー・伊達友美さんによる『30歳から食べ方変えて結婚できる方法』です。とはいえ、同書のタイトルの意味が分からないという方もいるかもしれませんね。そこで、順を追って内容を見ていきたいと思います。伊達さんはまずこう述べます。

「『恋愛や婚活がうまくいかない』と嘆く人は、どうすればうまくいくのでしょう? 私の意見としてはとてもシンプルに、みんな“食べ方がちょっとヘタ”なだけ。それだけなんです。幸せになりたいなら、今までより“ちょっと上手に食べられる”ようになりさえすればいいんです」(3p)

これでも全然分からないかもしれませんので、伊達さんが「食べ方」という言葉で指す意味について考えてみましょう。これは言葉通りの「食べ方」というよりは、主に「何を食べるか」という意味で使われています。この点をもう少し見ていきます。

伊達さんは、健康のため、お通じのため、ダイエットのための食事に疑問を呈します。それは、「好きでもないもの」(21p)で体をつくっているのではないか、と。そして、好きでもないもので自分自身が出来上がっているのなら、「自分のことを好きになれなくて、当たり前でしょう」(22p)というのです。

自分が好きではないということは、他の「年齢本」と同様に問題とされますが、伊達さんの議論の流れとしてはこのように問題化されます。

「自分のことを好きでもない人が、人のことを好きになるのは、順番が間違っているような気がしませんか?(中略。自分のことが好きでないなら:引用者注)彼があなたのことを好きだと言っても、『私のことが好き? は? どこが!?』ということになるでしょう。(中略)じゃあどうしたら、自分のことを好きになれるの? どうすれば今の自分をありのまま認めて、自信をもつことができるのでしょう。そのためにはまず、“食べものを変えること”なんです」(18-19p)

「食べものを変えること」の基準は、「ちゃんと好きなものを食べること」(24p)です。好きなもので自分を作り上げ、また栄養をしっかり取って脳に活力を与えれば、「明るく前向きになり、コミュニケーション力も仕事力も、恋愛力だって自然と変わってくるでしょう」(23p)というのです。

同書ではまた、「好きな食べものを探る」(87p)ことが勧められます。あるいは、「人生最後の食事には、何が食べたい?」(96p)と考えてみることも促されます。このとき、「食べたいものがすぐに思い浮かぶということは、五感がきちんと働いている」(97p)こととして称揚されます。それに対して、好きな食べものが思い浮かばないことや、「なんとなく」で選んでしまうと、「食べるものなのに、あなたの体をつくるものなのに、意識がなさすぎませんか!?」(91p)として叱られることになります。

ここがポイントです。伊達さんは、この「なんとなく」選ぶということが、食べものだけに限られないというのです。「いつもいつもそうやって選んでいると、洋服も、バッグも、家具も、つき合う男性も『なんとなく』で選んでしまうかもしれません」(91p)というのです。自分を好きになるだけでなく、恋愛の相手を含めた、人生のあらゆる選択に対して意識的になるためのレッスンとして、「好きな食べもの」が重要視されているのです。たかが食べものではないのだ、食べものの好みを考えることは、人生全体にわたる感受性について考えることに通じるのだ、というわけです。

ここまで見てくると、伊達さんが「自分のことを少し好きになった状態で、改めて彼氏や結婚相手を探せば、以前よりもずっと、好みの合う相手を探しやすくなるでしょう」(35-36p)とも述べることの意味も分かると思います。好きな食べものを食べて自分が好きになれば、より恋愛に対して積極的になれ、また自分の好みがはっきりすれば、男性の好みもよりはっきりしたものになる、というわけです。

とはいえ、食べものと恋愛、人生はあまりにも文脈が違うのではないかと思われるかもしれません。しかし伊達さんの主張は、二つの意味で多くの読者を惹きつけるものだと私は考えます。一つは、食というものは、誰もが経験する、最も日常的に「自分らしさ」を確認する行為だからです。

どんなものをどのように食べるか、どれくらい食べるか、日に通常三度行われるこのごく個人的な 経験は、社会学者デボラ・ラプトンさんが『食べることの社会学――《食・身体・自己》』で述べるように「私たちの主観的な経験、あるいは、自己感覚のまさに中心」(同書「はじめに」)にあります。良い、栄養のある、健康にいい、自然な、好きな(あるいはこれらの逆の)ものを自ら選んで食べるということを、他のどんな経験よりも直接的に私たちは日々経験しています。このように私たちにあまりにも身近な食という経験があなた自身を表しているのだとされたとき、その主張に惹きつけられる人は少なくないはずです。

もう一点は、特に現代の女性において、食は自己意識と強く結びついていると考えられるためです。加藤まどか『拒食と過食の社会学――交差する現代社会の規範』、シャーリーン・ヘス=バイバー『誰が摂食障害をつくるのか――女性の身体イメージとからだビジネス』でそれぞれ論じられているように、食べることは特に女性にとって、理想的とされる身体イメージ(そもそもこの理想的イメージが「やせ過ぎている」ことが問題なのですが)から遠ざかるという罪悪感のもとに経験されることがあります。摂食障害は一つの極限例かもしれませんが、概して現代社会では、女性において 、食という経験はあなた自身を表しているという主張がより響くのではないかと考えられます。

さて、先に伊達さんの著作が示唆的であるとして、その紹介をしてきたのですが、示唆的というのは、今述べたような「食と自己意識と女性」との結びつきを考えさせるというだけに留まりません。それについて次に述べたいと思います。

■自己啓発としての日常

伊達さんの著作が示唆的というもう一点の理由は、女性向け「年齢本」の論法が最も端的に表われた著作だと考えるためです。つまり、伊達さんの場合は食についてですが、このような日常的な経験が、実は人生全体に通じるものなのだとする論法が、「年齢本」ではあらゆるトピックにおいてとられているのです。

たとえば伊達さん以外の「年齢本」で挙げられているトピックを総覧してみましょう。既にみた恋愛、ファッション、メイクはもちろんのこと、ショッピング、旅、映画、小説、勉強、英語、仕事、友人(同性異性双方)、メンタルクリニック、そうじ、テニス、ピラティス、ベリーダンス、ヨガ、ガーデニング、料理、お茶の選び方、キッチン用品、文房具、日記、ノート、食、アロマテラピー、ヒプノセラピー、アーユルヴェーダ、ホメオパシー……。

他にも見落としがあるかもしれませんが、このようなありとあらゆるトピックが、自分自身の意識改革、生活改善、気分転換、つまり自己啓発の素材としてとりあげられているのです。そしてそれぞれのトピックについて、より細かく解説がなされることになります。

伊達さんの著作に戻って例示してみると、たとえば「自分を好きになり、恋愛力を上げるための“お守り食”」として、「ホットココア・ チョコレート」「マテ茶」「焼き肉」「納豆」「くるみ」「えごま油・しそ油・亜麻仁油などオメガ3の油」「寿司」の7つが挙げられ、それぞれの効用が解説されています(106-109p)。

ありとあらゆるトピックにさまざまな解釈が与えられて自己啓発の素材となっていくことを、拙著『自己啓発の時代』では「日常生活の『自己のテクノロジー』化」と表現しましたが、これはそのまま「年齢本」にも当てはまるといえます。女性向け「年齢本」、というよりおそらく女性向け自己啓発書の世界においては、日常生活すべてが自己啓発の実験場なのです。

さて、30代論はこれで終わりなのですが、何か物足りない、何かが論じられていないと思われた方も多いかもしれません。おそらくそれは、結婚やそれ以後の家庭生活への言及がないということについてではないでしょうか。

私自身、もう少し結婚以後の話が出てくるかと思ったのですが、6冊のうち、家庭生活についてのまとまった言及があったのは横森理香さんの『30歳からハッピーに生きるコツ』と、中山庸子さんの『中山庸子の30歳からの生き方手帳』の2冊のみでした。それ以外は結婚以前の話、つまり恋愛を扱うのみに留まるか、数行程度の言及が散発的になされる程度に留まっています。

家庭生活への言及よりも断然に多いのは、これまで述べてきたような「自分らしさ」についての原理論と、日常生活全体を通した自己啓発というその実践論でした。結婚生活はおそらくそうした実践論の一要素に過ぎないのだと思われます。TOPIC-2でも論じたように、「年齢本」において重要なのは、どんな状況で暮らしているのかということではなく、その状況について自分がどう思っているかという「心」の問題、より具体的には「自分らしく」あれるかどうかなのですから。

----------

『30歳からハッピーに生きるコツ』
 横森理香/ベストセラーズ/2006年

『中山庸子の30歳からの生きかた手帳』
 中山庸子/海竜社/2006年

『30歳すぎて、別れちゃったあなたへ』
 マーチン/WAVE出版/2010年

『30歳から伸びる女、30歳で止まる女』
 有川真由美/PHP研究所/2010年

『30歳から食べ方変えて結婚できる方法』
 伊達友美/WAVE出版/2012年

『30歳女を鍛える転び学』
 和久井香菜子/グラフ社/2008年

----------

(牧野 智和=文)