本格コーヒーが1杯から簡単に楽しめる

写真拡大

象印マホービンは、1杯分のコーヒーを最適な挽き具合で円盤状の紙製フィルターに詰めて個別包装したカフェポッド専用のコ−ヒーメーカー「珈琲通EC‐PA10型」を、2013年3月11日に発売する。

1杯を約3分で抽出

「EC‐PA10型」は、コーヒーが1杯分ずつ包装され、いつでも新鮮な味と香りが味わえる日本カフェポッド協会(JCAP)規格の「レギュラーコーヒー用60mmカフェポッド」に対応。きめ細かな泡が立つコーヒーを、手軽に楽しめる。

「泡」にこだわり、約90度のお湯で安定抽出し、適度な圧力をかけることで「きめ細かな泡立ち」を実現。コーヒーのおいしさを最大限に引き出した。

使い方は、カフェポッドをマシンにセットして電源を入れ、スタートを押すだけ。抽出が完了すると自動でストップしてブザーで知らせてくれる。1杯の抽出時間は約3分。ホットコーヒーとアイスコーヒーの2つの抽出モードを選ぶことができ、ホットコーヒーは130ミリリットル、アイスコーヒーは氷を入れてちょうどよい味になるように90ミリリットルの少量の濃いコーヒーを抽出する。

汚れがつきやすいポッド受けセットや吐出口ケース、トレー、受皿、水タンクははずして洗うことができるので、清潔に使える。

色は、レッド。希望小売価格は、2万3100円。これまで、通信販売で試験的に販売してきたが、好評のため家電量販店などにも展開することにした。