一人暮らしのOLが、酔っぱらった弾みで連れて帰ったのは、地球侵略を企てるマヌケな宇宙人

「みかん箱」だった。ここから、普通のOLと「みかん箱」とのユル〜イ同居生活が始まる。

今回はバレンタインデー特別バージョンで、8コマでお届けします!

「別れてみると正直つらい」




◆19話で「みかんバコ」誕生秘話もご紹介しています。⇒こちら

登場人物を紹介します!

・地球上のダンボールを支配し、人間たちを苦しめるためBACO第3惑星(ばこだいさんわくせい)からやってきた。
・実はかなりのお坊ちゃま。
・ちょっとだけど空だって飛べちゃう!
■履歴書はこちらなのだ!

・酔って帰宅途中に、道端に転がっていたみかんバコを拾う。
・「タマ」と呼ばれ、何故かみかんバコに住み付かれてしまった。
・ワンルームの部屋にみかん箱サイズのみかんバコは邪魔で仕方がなく、早く出て行ってほしいが強気に出れない。
・基本は私視点なので、素顔は隠れてしまう。

・みかんバコの忠実な僕。
・バコが長距離移動する際の乗り物でもある。(といっても、普通の猫と同等のスピード)
・みかんバコの事は「バコ様」と呼ぶが、私とは一切口をきいてくれない。
・かつおぶしより煮干派。

登場人物たちの相関図はこちら!

みかんバコの履歴書をチェック!