建物の相場、地価の相場、そもそも相場って?

写真拡大

住宅購入するに当たって相場も確認しておきたい…と思いながらも、相場ってどうやって調べたらいいのか、よくわからないという方も多いかもしれません。

初めての人でもわかりやすい相場の確認方法をご紹介します。

■土地価格を調べるものさしは、4つある土地価格の相場を調べるものさしとしてよく利用されているのが、公示地価、基準地価、路線価、固定資産税評価額です。

(公示地価)…毎年3月下旬に、1月1日時点での価格が国土交通省から発表されます。

土地取り引き価格の指標とされています。

(基準地価)…毎年9月下旬に、7月1日時点での価格が都道府県から発表されます。

都道府県が主体の指標で、公示地価とともに取り引き価格の指標とされています。

(路線価)…毎年7月に、1月時点での、相続税や贈与税を計算するための土地評価額が国税庁から発表されます。

(固定資産税評価額)…1月1日時点での固定資産税を計算するための評価額で、区市町村や都道府県、また国土交通省のHPなどで確認ができます。

■公示地価の調べ方また、公示地価で土地価格を確認する方法もあります。

公示地価は地価公示・都道府県地価調査で確認することができます。

公示地価とともに、基準地価も確認することができます。

調べ方は、確認したい地域を絞り込み、条件指定ページで「地価公示のみ」、「都道府県地価調査のみ」、又はその両方を選択し、調査年、用途区分、地価で絞り込みをかけて検索します。

最新の調査を確認したい場合には、3月下旬以降の発表を待ってから「土地総合情報ライブラリー」を確認してみるとよいでしょう。

また上記以外にも、固定資産税路線価や相続税路線価を同時に調べたいときには、財団法人資産評価システム研究センターが提供する「全国地価マップ」でも調べることができます。

・国土交通省「地価公示・都道府県地価調査」・国土交通省「土地総合情報ライブラリー」・財団法人資産評価システム研究センター「全国地価マップ」■建物の相場はどうやって調べる?実際の相場とは異なるかもしれませんが、建物の標準工事費は財団法人建設物価調査会・総合研究所の「個人住宅工事費のマクロ的価格傾向に関する研究報告書」より確認することができます。

同調査によると木造在来工法の総工事費単価の平均値は、床面積1平方メートルあたり16.1万円、中央値だと15.2万円。

傾向としては床面積が広くなるほど単価が高くなる傾向にあるそうで、スケールメリットよりも仕様の変化に影響を受けやすいようです。

興味がある方は、一度確認してみてください。