神山監督『009 RE:CYBORG』BD/DVD発売決定!3D本編ディスク付の豪華3枚組も

写真拡大

2012年10月27日に公開、石ノ森章太郎の未完の傑作を再構築したアニメーション映画『009 RE:CYBORG』のBlu-rayとDVDが、5月22日にバップより発売されることが決定した。

原作は、単行本発行部数1000万部を超える石ノ森章太郎のSF・サイボーグ漫画であり、「神との戦い」を描いた未完のエピソードを『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズや『東のエデン』を手掛けた神山健治監督が映像化。

海外のフル3DCGアニメーションとはまったく異なるアプローチで、日本のセルアニメ技法を継承する革新的なデジタル映像を作り出した作品として、公開時に大きな話題となった。

かつて世界に危機が訪れるたびに人々を救ってきた9人のサイボーグ戦士は、新たな世界の危機を前にギルモア研究所へ集結。

チームリーダーである日本人、009こと島村ジョーのリセットされた記憶、爆破事件の真犯人――さまざまな謎が渦巻く中、新時代のゼロゼロナンバーサイボーグが描かれていく。

今回は、3D立体視バージョンや映画の謎を紐解く濃厚なブックレットやメイキングブックが封入され、2D本編ディスク、3D本編ディスク、特典ディスクの3枚組の豪華仕様となる「豪華版Blu-ray BOX」、劇場クラスの高画質と高音質が楽しめる「通常版Blu-ray」、そして「通常版DVD」の3種類を発売。

「通常版Blu-ray」と「通常版DVD」は、2D本編ディスク+特典ディスク、23ページのブックレット、一体型デジパック仕様となる。

(C)2012 「009 RE:CYBORG」製作委員会