福岡県「福岡城さくらまつり」の会期が、桜の開花が早まったため変更に

写真拡大

福岡城さくらまつり実行委員会事務局(福岡市住宅都市局みどり推進課)は、福岡県内の桜の開花時期が早まったことから、「福岡城さくらまつり」(中央区・舞鶴公園)の開催予定を変更し、3月22日から3月31日に開催する。

「福岡城さくらまつり」は、約1,000本の桜が並ぶ国指定史跡公園「福岡城跡」(舞鶴公園)にて、福岡城と桜をライトアップするもの。

さくらまつりではこれまで夜間閉鎖していた天守台を開放する「天守台特別ライトアップ」(入場料300円)や、夜の史跡が見られる「多聞櫓ライトアップ」(入場料300円)のほか、舞鶴公園内の名所を巡る「福岡城・鴻臚館(こうろかん)クイズラリー」などのイベントも開催する。

ライトアップ時間は18時から22時。

また、3月22日18時15分から点灯式を開催するとのこと。

写真:第11回森・花・緑のまちかど写真コンテスト入賞作品「夜桜爛漫(萩尾 稔)」