モニタリングしながら「釣り」

写真拡大

サンコー(東京・千代田区)は2013年3月13日、赤外線カメラで水中をモニターできる「赤外線水中魚っちカメラ」を発売した。価格は、2万4800円。

カメラとモニターがセット

防水対応の赤外線カメラと3.5インチ液晶モニターがセットになった商品。海や川の中にカメラを入れて、釣り竿に取り付けた画面でモニタリングしながら釣りが楽しめるのが特長だ。ケーブル長は約15メートル。

液晶モニターは、専用のアダプターで釣り竿に取り付ける。角度や画面の明るさ・コントラストは、天候や日光に応じて変えられる。解像度は、640×480ドット。バッテリーを搭載し、約2〜4時間の連続使用できる。充電は、付いているACアダプターで行う。

カメラのサイズは幅21×奥行き21×高さ30ミリ、重量は15グラム。