スペーシア「X」(キャンドルオレンジメタリック)

写真拡大

スズキは2013年3月15日、ハイトワゴンタイプの新型軽乗用車「スペーシア」を発売する。メーカー希望小売価格は、122万8500円〜153万5100円。

車体を「90キロ」軽量化

「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに開発した軽乗用車だ。ロングホイールベースの新プラットフォームを採用し、室内長は2215ミリを実現した。「G」「X」「T」の3グレード構成で、それぞれ2WD(二輪駆動)車と4WD(四輪駆動)車を揃える。

車両は90キロの軽量化を図り、重量を840キロ(G 2WD車)とした。次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を採用するなど、29.0キロ毎リットル(JC08モード)の燃費を達成している。

パワートレインは「R06A型エンジン」をさらに改良したもの。タイミングチェーンを細幅化し、フリクション(摩擦抵抗)を低減した。独自の減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や新アイドリングストップシステムなどを備える。

ボディーカラーでは、新色の「キャンドルオレンジメタリック」「フォレストアクアメタリック」をはじめ、個性的な2トーンルーフ(X、T)など、全11色を設定した。