ファストフードなのにこの旨さ! カナダ生まれの「Triple O′s」をご存じ?

写真拡大

ハンバーガーチェーン「Triple O's(トリプルオーズ)」をご存じだろうか。

1928年創業と長い歴史を持つカナダ生まれの本格バーガーチェーンなのだが、おそらく日本ではほとんど知られていないだろう。

なぜなら日本未上陸だから。

そんなレア感のあるトリプルオーズが香港にはあり、6店舗を展開している。

人気の秘密は、創業以来受け継がれている秘伝のソース。

カナダ産牛肉100%を使ったジューシーな肉汁と、マヨネーズのようなまろやかでほのかに甘みのある秘伝のソースが口の中でふわっと広がる感じがたまらない。

また、ハンバーガーの特徴はなんといっても巨大ピクルス! バンズの中にサンドされているのではなく、バンズの上に長さ10cmはあろうかというなが〜いピクルスがのせられている。

ピクルスの酸味がアクセントとなり、食べ飽きない工夫がされている。

トリプルオーズの魅力は、ファストフード感覚でこだわりの味が堪能できるところにある。

ファストフードのハンバーガーよりはるかにボリューム感があり、本格派の仕上がりでありながら、レストランのグルメバーガーほど高くない。

ハンバーガーは単品で45香港ドル(約530円)〜。

ドリンクとポテトがついたコンボが68香港ドル(約800円)〜となっている。

おすすめは「オリジナルバーガー」(単品45香港ドル・約530円、コンボ68香港ドル・約800円)。

牛肉パティと新鮮なトマトとレタスが挟み込まれており、レタスのシャキシャキ食感と野菜全体のさっぱりとした味わいが、ソースと牛肉を引き立たせる絶妙の役割を演じている。

変わり種なら「マッシュルームバーガー」(単品55香港ドル・約640円、コンボ78香港ドル・約910円)を。

牛肉パティの下に、惜しげもなくマッシュルームが敷き詰められている。

海外のバーガーチェーンではマッシュルームバーガーを見かけるのだが、日本ではチェーン店ではあまり見かけることはない。

日本でももっと広まればいいのに! と思うおいしさだった。

カナダにはなかなか行けなくても香港なら日本からアクセスしやすい。

ぜひ未体験の本格派バーガーを香港で味わっていただきたい。