カラーは、アーバンブラック

写真拡大

ソフトバンクモバイルは2013年3月8日、次世代ディスプレー「IGZO(イグゾー)」を搭載したスマートフォン「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) SoftBank 203SH」(シャープ製)を全国発売した。

下り最大76Mbps「SoftBank 4G」対応

4.9インチ(1280×720ドット)の「IGZO」ディスプレーを搭載した、アンドロイド4.1対応スマートフォン。「充電を気にせず2日間使える」という高い省エネ性能が魅力だ。

高速データ通信「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76メガビット毎秒を達成した。CPUには、1.5ギガヘルツ・クアッドコアCPU「Snapdragon APQ8064」を取り入れた。メインカメラには、有効画素数1630万画素のCMOSカメラを備える。画質を落とさず手ぶれを抑える「光学式手ぶれ補正」など、3つの手ぶれ対策を組み合わせた。

本体は、IPX5/IPX7相当の防水とIP5X相当の防じんに対応。おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信のほか、近距離無線通信技術「NFC」を搭載している。カラーは、アーバンブラック、ホワイト、ブルー、レッドの4種類。

サイズは約幅69×高さ137×重さ10.9ミリで、重量は約146グラム。