大阪府警サイバー犯罪対策室は3月13日、インターネットのブログを通じて知り合った女子小中学生らとわいせつな行為に及び、その様子を撮影したとして、強姦や児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、無職・井上貴志容疑者(42=福岡県北九州市戸畑区沢見)=同罪などで公判中=を逮捕し、最終送検した。

 井上容疑者は「40人くらいの小中高校生と性的関係を持った」と、事実は認めているが、「合意の上だった」と主張している。

 逮捕容疑は昨年7月、大阪府内の中学1年の少女が13歳未満と知りながら、府内のホテルでわいせつな行為をしたなどとしている。

 府警によると、井上容疑者は女児らのブログにアクセスしたり、自身のブログに誘導したりして、学校や性の悩み相談などを受けていた。信頼関係を築いた上でホテルに呼び出し、犯行に及んでいたという。

 押収した井上容疑者のパソコンからは、なんと少女50人の裸の写真約6000枚と、ポルノ動画約50本が見つかった。このうち、府警は10年12月〜12年9月にかけて、大阪や沖縄など7都府県に住む、当時11〜16歳の10人の少女を特定。わいせつな行為をしたり、それを撮影したりしたとして、6回にわたり井上容疑者を逮捕するなどした。10人中7人は13歳未満の小中学生だった。

 それにしても、40人というのは尋常な数ではない。相手は判断能力の乏しい少女たちで、あきれるしかない。
(蔵元英二)