グーグル、ストリートビューで日本各地の桜の名所50か所を紹介

写真拡大

グーグルは3月19日、ストリートビューを使い、日本各地の桜スポットを見られる「ストリートビューで巡る日本の名所 - 桜巡り編」を公開した。

ストリートビューは、同社が提供する無料地図サービス「Google Maps(グーグルマップ)」及び、無料地図ソフト「Google Earth(グーグルアース)」に組み込まれでいる360度のパノラマ写真が見られる機能。

車両などの高い位置にカメラを設置し、撮影された写真が表示される。

今回は、青森県の弘前公園や、岩手県の北上展勝地など、東北の桜の名所を中心としたスポット24か所を新たに追加。

計50か所を桜スポットとしてサイトで紹介している。

■追加した桜スポット詳細・弘前公園(青森)・北上展勝地(岩手)・高松の池(岩手)・大高山神社(宮城)・白石川堤の一目千本桜(宮城)・船岡城址公園(宮城)・さくらの公園(福島)・福聚寺(福島)・三春滝桜(福島)・科学万博記念公園(茨城)・赤城南面千本桜・みやぎ千本桜の森(群馬)・さくら草公園(埼玉)・神田明神(東京)・慈雲寺(山梨)・わに塚のサクラ(山梨)・淡墨公園(岐阜)・長浜城歴史博物館(滋賀)・畑のしだれ桜(滋賀)・大報恩寺(京都)・蹴上インクライン(京都)・仁和寺(京都)・壬生寺(京都)・淀川河川公園背割堤地区(京都)・造幣局(大阪)