住信SBIネット銀行、毎月自動的に資金移動ができる定額自動入金サービス

写真拡大

住信SBIネット銀行(以下同社)は18日、顧客の保有する他行口座(同社指定の金融機関における本人名義の口座に限る)から、毎月自動的に同社の代表口座へ資金移動ができる「定額自動入金サービス」の取扱いを開始した。

顧客は同社のWEBサイトにて引落金融機関・引落口座・引落日・引落金額を指定することで、他行から同社への入金が自動的に行われるので、毎月ATMや振込みなどで同社へ入金している顧客が活用できる。

利用にあたっての手数料は無料。

毎月5日または27日に、同社が指定する引落金融機関の顧客本人名義の口座から指定金額を口座振替の方法により引落し、同社の代表口座円普通預金に入金する。

利用できる人は、同社に口座を開設している個人の顧客。

入金日は、原則、引落日の4営業日後の日。

引落金額は、1万円以上1千円単位。

同社WEBサイトより申し込む。

サービスの利用には、同社の代表口座の開設が必要。

住信SBIネット銀行は、顧客に常に使ってもらえる「あなたのレギュラーバンク」を目指して、更なる利便性の向上と社会の発展に寄与する新しい価値の創造につとめていくとしている。