FABIAのカタログ

写真拡大

オットージャパンは2013年3月15日から、日本オリジナルの新ブランド「FABIA(ファビア)」を本格展開した。

メインのターゲットは、日々の仕事やプライベートで自分らしいスタイリングを楽しむ30〜40代の女性たちで、2月からウェブ限定で約100商品を先行販売していた。

「ファビュラスな女性が主役」

「FABIA」は英語のfabulous(ファビュラス:素敵な、素晴らしい)から生まれた造語で、日本のfabulousな女性たちがより輝く瞬間を応援したいという想いから誕生した。やりがいを感じながら働く機会が増えたり、プライベートでも家庭ができたり、仕事にもプライベートにも充実感を求める30〜40代向けの新ブランドだ。

オンとオフ両方のシーズンで活躍するワンピースはFABIAを象徴するアイテムで、この春夏シーズンでは95型のワンピースを展開する。TPOに合わせて女性を魅力的に演出するワーピースを25年間で1万種類以上作ってきた、オットージャパンならではのノウハウが凝縮されているという。

また、「オフィスシーンをより自由に楽しみたい」という女性が増えていることから、新ブランド「FABIA」(http://www.otto-online.jp/fabia/)はオフィススタイルの新しい「定番」として「Dress Bizz」を提案している。中でもワンピースはDress Bizzの主役アイテムといい、「オフィスシーンをもっと自由に、もっと華やかに!」と呼びかけている。

オットーグループは、メールオーダー・オンラインショッピングにおいて、世界20カ国でグローバルに展開するリーディングカンパニー。