文具好きが太鼓判!『東京文房具会』で見つけたオススメ文房具8選

写真拡大

『第9回東京文房具会』参加レポート、前回はオリジナルのノートを作るワークショップの様子(http://ure.pia.co.jp/articles/-/12576)をお伝えしました。今回は、参加者の皆さんが教えてくれたオススメ文房具をご紹介します。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

会場を前半戦のオリジナルノートを作った生涯学習センターぱるーんから、近所のカラオケ店に移し後半戦の文房具のプレゼン大会が行われました。カラオケ店の中で、1曲も歌わずに繰り広げられた文具好きたちの文房具トーク。

様々な文房具を教えていただきましたが、その中から私が「そんな商品があったなんて知らなかった。」「そんな使い方ができるんだ。真似してみよう。」と思った文房具を紹介したいと思います。

・マイルドライナー マイルドグレー(ゼブラ株式会社)

淡い色をした蛍光ペンのマイルドライナー。
普通の蛍光ペンと並べて線を引いてみました。(写真の一番上がマイルドグレーの線)

従来の蛍光ペンは、教科書や書類の重要なところをマークして目立たせるものでした。しかし、マイルドグレーで線を引いたところは、逆に目立たなくなります。

書類の処理済みのところをマイルドライナーで塗りつぶすことで、未処理のところが目立つようになるそうです。

紹介してくださった方の悩みは、『近所の文房具屋でマイルドライナーを取り扱っているのに、なぜかマイルドグレーだけ入荷されないこと』だそうです。

・ゲルインキボールペンJuice超極細0.38mm(株式会社パイロットコーポレーション)

今回の最年少参加者の女子高校生が教えてくれた、ゲルインキボールペン。

水性顔料ゲルインキが使われており、きれいに色が出るそうです。彼女は今年の年賀状は、全部Juiceで書いたそうです。色も全部で30色と豊富なうえ、1本105円とリーズナブルなのも魅力的ですね。使わない色のペンも買ってしまいそうです。

・ルーズリング&ルーズリングジッパー(カール事務器株式会社)

・ルーズリング
ルーズリーフ用の細身のリング。リングの径が小さいので、ルーズリーフに書くときリングが邪魔になりにくそうですね。

・ルーズリングジッパー
リングの開け閉めを手で行うこともできますが、リングをひとつずつパチパチやるのも面倒。でも、このルーズリーフジッパーを使うと、ルーズリングにセットしてスライドさせるだけで、あっという間にリングの開閉ができてしまいます。

私もやらせてもらいましたが、リングが一発で開閉できて気持ちいいのです。ルーズリーフの差し替えをしないときでも、無駄にジッパーでルーズリングを開け閉めしてしまいそうです。

・なまえペン『パワフルネーム』(三菱鉛筆株式会社)

油性のサインペン。このペンのオススメポイントは、マスキングテープに字がしっかり書けること。マスキングテープはインクを弾きやすいため、インクがにじみやすかったり、乾く前にさわってしまうと手を汚してしまうことがあります。

私はどこに収納したのかよく忘れるので、収納ボックスにものを入れた時にマスキングテープに貼ってボックスに貼っています。

今まではマスキングテープに書いた後、インクが乾くのを待ってから貼っていましたが、パワフルネームを使えばストレス無く片付け作業ができますね。

・マスキング丸テープ(株式会社ニトムズ)

マスキングテープと同じ、和紙を使った丸テープです。

マーク用の丸シールの中には、色が剥げてしまうものもあるのですが、このマスキング丸シールならシールの色=紙の色なので、色落ちの心配が無さそうです。『パワフルネーム』との相性もよさそうです。

・カードパーサー(コレクト株式会社)

こちらの男性が紹介してくれたのが カードパーサーという手帳カバーです。

手帳カバーの右側が情報カードを差し込むジョッターとなっています。ジョッター部分に手が通っていることからもわかるとおり、ポケットではなくループ状になっています。

左右どちらからでも情報カードを出し入れできるようになっているので、手早く情報カードの交換ができるようになっています。

左側に入れていらっしゃるのがカトリック教会の典礼暦という暦が書かれている、その名もカトリック手帳。この男性は教会の聖歌隊のメンバーとして活躍されており、歌う聖歌(賛美歌)や行事など典礼暦に合わせて決まることに対応するためこちらの手帳を使われているそうです。

・リアルふせん手&耳(P&A株式会社)

参加者の方が見せてくれた貼り物ボックスの中から出てきてびっくりしたふせんです。

手と耳の写真が印刷されたふせん。何に使えそうかと考えてみましたが、借りた本にこそっと貼っておくという悪戯しか思いつきませんでした。

会の最後は、使わなくなって家で眠っている文房具を交換する『文房具里親探し』。
大量の文房具達がテーブルの上に並べられました。そして、全員無事に新しい里親の元へ旅立って行きました。

こういう文房具好きとの交流イベントで皆さんの使い方を聞くと、「そんなことに使えるんだ。」「その文房具持っているけど、そんな機能知らなかった。」というような新しい発見があります。

今回東京文房具会に参加した後、いろいろ文房具を買ってしまいました。次回も参加して、使わなくなった文房具たちの里親を探さなくては。

こちらのレポートもどうぞ!
文具好きが集結するイベント 『東京文房具会』で世界にひとつのノートづくり [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12576 ]
【文具】どうしてこうなった!? 完全に方向を見失った、愛しき「駄文具」の世界 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12303 ]
デスク周りを"おいしく"楽しく!思わず食べたくなる「食べ物文具」5選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12190 ]
今年は、昭和なら88年! かわいい「懐かし文房具」もう一度集めてみました [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11870 ]
【文房具】地味にスゴイ!ハサミに訪れた3000年目の進化 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/4257 ]