女性の夜道一人歩きで、気をつけること

写真拡大

暗い夜道では何が起きるかわからないため、一人歩きはなるべく避けたいもの。

特に女性は万が一のことを考え、何らかの対策をしておきたいものです。

そこで今回は、今すぐにでも実践したい、女性が一人で歩くときの心構えや対策をご紹介します。

日ごろ特に対策をしていないと言う方は、是非参考にしてみてください。

■ちょっとの外出も油断しないこと駅から家までのほんのちょっとの距離、家からコンビニまでの少しの外出…こういった場合は、本人が油断していることもあり、危険な場合が多いです。

特に家の周辺は人通りも少なく、街灯がほとんどないことも。

マンション内のエレベーターも注意が必要です。

できるだけ夜間一人での外出を避けるためにも、食料品などは事前に買っておきましょう。

自転車を利用するのもひとつの手です。

仕事帰りが遅く、どうしても歩かなければいけない場合は、賃貸住宅を探す際に入り口が表通りに面しているところなどを選ぶのも良いでしょう。

■やむを得ず出歩く場合の注意点露出の高い格好は男性の目に付きやすいので要注意です。

また、後ろからつけられている可能性がある場合は、足音で違和感に気づくこともあるので、携帯型の音楽プレーヤーなどの利用は避けましょう。

途中で危険を感じたら、そのまま自宅へ向かうのではなく24時間営業の店に向かうなどして、相手が諦めるのを待ちましょう。

自宅が特定されてしまうと一人歩きでなくとも安心できなくなります。

■防犯グッズは常に使えるようにチェックをいざと言うときのために防犯グッズをカバンに入れている人も多いはず。

しかし、いざというときに使えなけば意味がありません。

防犯スプレーやブザーは買ってから長年たっていれば正しく動作しない可能性もあります。

定期的にチェックして、カバンの中からすぐに取り出せるようにしておくか、上着のポケットなどに入れておきましょう。

また、最新の防犯グッズが大手セキュリティー会社からも販売されています。

女性の防犯対策についても書かれているので、是非目を通しておきましょう。

・セコム 女性のためのあんしんライフ・ホームアルソック 女性向けのセキュリティー