(C)公益財団法人 東京都公園協会

写真拡大

今年(2013)も六義園(東京・文京区)で「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」が開催される。六義園のシンボルであるしだれ桜が、美しくライトアップされる。

園内全体を照らし出す

六義園のしだれ桜は高さ15メートル、幅20メートルにも及び、昼夜を問わず見ごたえ十分だ。期間中は閉園時間が21時まで延長され(入園は20時30分まで)、ゆっくりと夜桜を楽しめる。ライトアップはしだれ桜だけでなく園内全体に及び、幻想的な雰囲気に包まれる。また園内では「さくら茶屋」で軽食をとれるほか、「吹上茶屋」「心泉亭」などでは庭園を眺めながら「抹茶セット」(抹茶と和菓子のセット、500円)を味わえる。

しだれ桜の開花状況は24時間自動音声対応の電話で確認可能(03-3941-6277)。入園料は、一般が300円で65歳以上は150円。小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料。

ライトアップの期間は3月22日から4月7日まで。