ここぞというときにウケる話を持っていることは、ビジネスシーンにおいて強みになる。私自身もともと人見知りで、会議や打ち合わせ中は自分の意見を言うのが恥ずかしく、下を向いて気配を消しているようなタイプだった。しかし芸人のトーク術を分析して実践した結果、笑いを入れることで話が注目してもらえるようになり、自信を持ってプレゼンできるようになった経験がある。

とはいえ、自分が面白いと思った話をしても、なかなかイメージ通りに笑いは取れないものだ。まずはどうしてあなたの話がウケないのか、その理由を考えてみよう。

よく目につくのが、話の組み立てに問題がある場合である。ウケるトークの理想は起承転結をしっかりつくって、簡潔に収めること。1分程度が望ましい。登場人物の特徴や余計なディテールなど、枝葉の部分を語っていては相手に飽きられる。たとえば、次のようなケース。

×「僕の友達の話なんですけど、すごいいいヤツで、昔は部活のキャプテンやっていて、映画に詳しくて……」

逆に、説明不足で話が短すぎても、「どういうこと?」と首を傾げられてしまう。相手に聞いてもらうためには、自分が伝えたいことを明確にして、どの部分が重要か不要かを整理しておかなければいけない。

2つ目は、話の内容そのものが問題となる場合。ビジネスでは、人のネガティブな話題で笑いを取ることは避けるべきだ。たとえばお客さんの愛すべきキャラクターについて話したくて、

×「取引先のNさんが飛行機の搭乗口でチケットをなくしちゃって、出発を10分遅らせたんですよ」

と話したとしよう。しかし意図とは関係なく、他人に迷惑をかけた部分だけが1人歩きして伝わり、「あいつは陰口を叩く人間だ」と受け取られる可能性もある。もし失敗談で笑いを取りたいなら、自分の経験を語ったほうがいい。ただし、それも天秤の片方の皿に笑いを、もう片方の皿にトークを乗せたとき、笑いのほうに皿が傾くかどうかを常に気にしたい。つまり、

×「昔、よくスーパーで万引していて、商品をカゴに詰めて帰ったことがります」

というような楽しい・面白いの感情より、悲しい・不快の感情が上回るような話は避けること。自慢話や成功話がウケないのも同様の理由である。また明らかなウソも、聞き手に不信感を抱かせるのでやめよう。

3つ目は、話す際の自分の気持ちにある。妙な自信を持って、「すごく面白い話があるんだけど」と切り出すと、相手の期待値が上がってウケなくなるし、笑いながら話すと聞き手のテンションを下げてしまう。

だからといって話に自信がなければ、いい結果を招かない。声がだんだん小さくなったり、オチの後に「まあ、それだけの話なんですけど……」とつけたしたりしては、面白くない感情が伝播してしまう。いったん話を始めたら結果がどうなろうと、「この話は面白い!」と信じて最後まで喋りきるしかない。

最後の理由は、話の伝え方だ。たとえば、ゴルフをまったくしない部下に対し、「オレはシングルで」と言ったところで理解されない。難しい表現や専門用語は避ける、もしくは用語の説明を入れて話をしよう。

話に書き言葉を多用するのもやめたほうがいい。たとえば、「昨日徹夜で、憔悴してるんです」といったところで、聞き手は一瞬「ショウスイ?」と考え込んでしまう確率が高い。こういった場合、効果的なのが「擬態法」。「昨日徹夜で、フラッフラなんです」と言ったほうが、相手も状況を思い浮かべやすいはずだ。

では、笑いが起きるために必要な要素とは何か。1つは「緊張と緩和」である。赤ちゃんに対する「いない、いない、ばあ〜」であったり、

○「暗がりのバーで女性を口説いていて、一緒に店を出たら妻だった」

という話であったり、緊張が緩和した瞬間、笑いは発生する。芸人がよく使う「フリ」と「オチ」という言葉も、「フリ」で状況や設定を紹介して、「オチ」によって状況や設定を裏切る、緊張と緩和のメカニズムだ。トークでウケるのに「オチ」は重要であるが、それを効果的に響かせるには「フリ」をしっかり構築しなければならない。

もう1つの要素が「共感」である。たとえば商談の際、引っかき傷の上に絆創膏を貼って、

○「彼女に浮気がバレて顔を引っかかれたんです」

という話をしたら、「そういうこともあるな」とちょっとした笑い話にもなるだろう。しかし顔に包帯をぐるぐる巻いて、

×「彼女に浮気がバレて、バットで殴られたんですよ」

と語れば、相手はドン引きしてしまう。人はあまりに突拍子ない話を、すぐに受け入れられないからだ。芸人は奇抜なことを語ってウケているように見えるが、よく見ると7〜8割が「それはそうだな」「わかる、わかる」という共感を与える内容になっている。

共感を与えるのに有効な方法は、自分のキャラクターを押し出すことだ。ウケる話を大きく分けると、キャラに関係なく面白い話と、そのキャラだからこそ面白い話がある。前者はある程度のテクニックさえあれば、誰が言っても笑いになりやすい。それに対して、後者は自分のキャラを武器にできる。たとえば、太っている人が、

○「いやー、暑くて汗かいたから、ここにくるまで30キロ痩せちゃいましたよ」

と言ったとする。こうしたキャラを活かした自虐ネタは、愛されやすい。

もしあなたが周りから「堅物で真面目だな」と思われているのであれば、まずはそのキャラを徹底する。

○「提案資料をホチキスで留めてたんですが、何回やっても紙が揃わないんで昼飯食いそびれちゃいました」

と話せば、「真面目すぎんだよ、おまえは!」と共感を呼び笑いが起こりやすくなる。そしてその真面目さが周知されたら、今度は何かをふられても「それ、適当でいいです」と周囲の期待を裏切る。そうすると「そこは真面目にやれよ!」と新たにフリ・オチの笑いが生まれるのだ。

ただしキャラは、自己認識と他人の評価に差があることが多い。キャラを把握するためには、自分史を書くことと“他己分析”をお勧めしたい。

(放送作家 田中イデア 構成=鈴木 工)