WBC 侍JのV3を消した痛恨のミス

ざっくり言うと

  • 日本代表はプエルトリコに1―3で敗れ、WBC3連覇を逃した
  • 8回の逆転に向けた1ストライクからの2球目で、痛恨の走塁ミス
  • ベンチは盗塁を各自の判断に任せ「行けたら行っていい」とサインを出していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング