「7秒の差」に狂わされた侍J打線

ざっくり言うと

  • WBC決勝トーナメント準決勝で日本は1―3でプエルトリコに敗退
  • 投球間隔も早く、攻撃のリズムを完全に奪われた状態だったという
  • 前日の練習で大きなスイングを繰り返す相手選手に嫌な予感がしていたという筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング